リセマム6周年

未来館初のiPadアプリ「地球マテリアルブック」

教育ICT ソフト・アプリ

地球マテリアルブック デザイン×科学のダイアローグ
  • 地球マテリアルブック デザイン×科学のダイアローグ
  • 地球マテリアルブック デザイン×科学のダイアローグ
  • 地球マテリアルブック デザイン×科学のダイアローグ
  • 地球マテリアルブック デザイン×科学のダイアローグ
  • 地球マテリアルブック デザイン×科学のダイアローグ
 日本科学未来館では、iPadアプリ「地球マテリアルブック デザイン×科学のダイアローグ」をApp Storeにて無料公開している。

 同アプリは、科学者とデザイナーの対話から生まれた電子書籍アプリで、同館初のiPadコンテンツとなるという。2010年に実施された、木やプラスチック、金属という素材をテーマに、デザイナーと科学者それぞれが「正しいモノづくり」を探求していくプロジェクト「デザイン×科学 地球マテリアル会議」の内容をもとに、東京藝術大学美術学部デザイン科とのコラボレーションにより開発されている。

 アプリは、マテリアルの基本概念を伝えるアニメーション、科学者の話をもとに「金属」「プラスチック」「木」のこれからの使い方を紹介する解説部、およびデザイナーの作品をまとめた「エキシビション」がメインコンテンツ。魅力的なヴィジュアルと最新のデータで、地球スケールの「大きな時間」のモノづくりを提案し、「地球が生み出すマテリアルとは何か」を再確認できる内容となっている。

◆地球マテリアルブック
価格:無料
条件:iPad 互換 iOS 3.2 以降が必要
【目次】
プロローグ
マテリアルのこと
金属
-時間
-構造
-つかいかた1
-つかいかた2
-つかいかた3
プラスチック
-時間
-構造
-つかいかた1
-つかいかた2
-つかいかた3

-時間
-構造
-つかいかた1
-つかいかた2
-つかいかた3
エキシビション
-デザイナー11組の提案
-公開ブレスト録
-活動記録
エピローグ
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)