リセマム6周年

超難問も!? HTML5を駆使したパズル「The Google Puzzle」

教育ICT インターネット

HTML5を駆使したパズル「The Google Puzzle」
  • HTML5を駆使したパズル「The Google Puzzle」
  • 連れ去られた「o」を取り戻すため、難問に挑むこととなる
  • 第一問。ヒントもあるので、それほど迷うことはないだろう。
 グーグル(Google)は17日、ブラウザで楽しむインタラクティブパズルゲーム「The Google Puzzle」を公開した。

 「The Google Puzzle」(www.thegooglepuzzle.com)は、ホテルやスタジアムから脱出する超難解イベント「リアル脱出ゲーム」を主催する“SCRAP”と共同制作されたパズル。ミュージシャン“OK Go”とのプロジェクトである「All is Not Lost」(www.allisnotlo.st)同様に、HTML5やCSS3といったWebテクノロジーを駆使している。

 The Google Puzzleでは、Googleロゴからはじき出されて、外のウィンドウに閉じ込められてしまった黄色い「o」を救い出すために、5つ+αの問題を解いていく。動画あり、同社のサービスを模したものありと、バラエティに富んだ内容となっている。

 最初は比較的やさしい問題だが、最後は“超難問”とのこと。ただし(途中までは)ヒントも用意されている。解いた問題は自動的に保存されるので、一度ブラウザを閉じた場合でも続きからプレイ可能。全問解答後のエンディングも、最新テクノロジーを駆使したエンディングになっているという。なおHTML5に対応したブラウザでプレイ可能だが、グーグルではGoogle Chromeでのプレイを推奨している。

超難問も!? グーグル、HTML5を駆使したパズル「The Google Puzzle」公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)