リセマム6周年

CPU×2とセンサー・カメラで自動掃除…東芝のロボット掃除機

デジタル生活 その他

Smarbo VC-RB100(プラチナブルー)
  • Smarbo VC-RB100(プラチナブルー)
  • 38個のセンシング機能
  • 主な同梱品
 東芝から、和製ロボット掃除機が発売されることが決定した。東芝ホームアプライアンスは10月1日、家庭用自走式クリーナー(充電式コードレスクリーナー)の新製品としてスマートロボットクリーナー「Smarbo(スマーボ)VC-RB100」を発売する。

 この製品は、2つのCPU(中央演算処理装置:ダブルブレイン機能)と38個のセンシング機能、カメラ機能を搭載することで室内の通過したルートを記憶しながら自動で掃除。何度も同じ場所を通過することが少なく、室内を等間隔で往復するため、約2畳を約2分の短時間で掃除することができるという。
 
 1回の充電の電気代は約2円。フル充電で約90分運転し、約60畳の掃除が行える。また、掃除終了時には自動で専用充電台に戻り充電する機能も搭載する。

 掃除モードは、「自動」「スポット」「念入り」「手動」の4つから選択可能で、付属の「モップ」を使用してのフローリングなどの拭き掃除も行える。また、約52dBと運転音が小さいことも特長という(50dBは静かな事務所程度)。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)