リセマム6周年

優れたeラーニング事例を表彰「第8回 日本e-Learning大賞」

教育ICT その他

第8回 日本e-Learning大賞
  • 第8回 日本e-Learning大賞
  • e-Leaning Awards 2011フォーラム
 e-Learning Awardsフォーラム運営事務局は9月1日、「第8回 日本e-Learning大賞」の応募受付を開始した。

 「日本e-Learning大賞」は、eラーニングに関する優れた革新的な技術、コンテンツ、導入事例を表彰するもの。新しいeラーニングの可能性を探り、ブロードバンド社会におけるeラーニングの健全な発展およびコンテンツ・サービス提供企業の育成を支援することを目的に実施される。

 自治体・団体・学校・個人から、eラーニングを用いた生産コストダウン・業務改革の事例や、新しい学習の可能性・学力向上に役立つさまざまなコンテンツサービス、ソリューションなどを募集する。

 応募テーマは自由だが、審査は「生産性」「相互作用性」「メディア活用性」「品質保証性」「新規性」「マネジメント性」を評価基準とするという。

 応募方法は、ホームページからダウンロードした規定の応募者プロフィール用紙に記入のうえ、応募タイトル(50字以内)、特徴(800字以内)、製品ウェブサイトURL(公表可能であれば)をまとめた用紙(指定用紙なし・A4サイズ1枚・横書き)を添付して、郵送する。

 授与式は、11月21日より開催される「e-Leaning Awards 2011フォーラム」の会期初日に予定されている。

◆第8回 日本e-Learning大賞
テーマ:自由
応募対象:企業・自治体・団体・学校または個人
募集締切:9月30日(金)
審査:第1次審査/10月上旬
   第2次審査/10月下旬
   最終審査/11月上旬
授与式:11月21日(月)
表彰内容:
・経済産業大臣賞 1点(賞状と記念品)
・文部科学大臣賞 1点(賞状と記念品)
・総務大臣賞 1点(賞状と記念品)
・厚生労働大臣賞 1点(賞状と記念品)
・奨励賞 数点(賞状)

◆e-Learning Awards 2011フォーラム
会期:11月21日(月)、22日(火)
会場:東京秋葉原UDX Gallery
[内容]
基調講演、セミナー、展示ブース、日本e-Leaning大賞受賞作品発表
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)