リセマム6周年

東京都、都内流通食品の放射性物質モニタリング検査を開始

生活・健康

都内流通食品の放射性物質モニタリング検査を開始
  • 都内流通食品の放射性物質モニタリング検査を開始
 東京都は11月8日、都内流通食品の放射性物質モニタリング検査を開始した。

 食品中の放射性物質については、国の通知に基づき生産地において検査計画を策定し、出荷前検査が行われている。東京都では、生産地として都内産農産物等の計画的な検査のほか、放射性物質に汚染された稲わらを給与された牛の食肉の検査等を実施してきた。

 現在、国においては、この生産地におけるモニタリング検査の効果を検証するため、小売店に流通している食品の調査を実施しているが、東京都においては、都民の食の安全・安心を一層確保するため、都内の小売店等に流通している食品について、都民が日常的に摂取する食品および子どもが継続的に摂取する食品を中心に、モニタリング検査を実施することとしたという。

 なお、検査結果については、11月9日から毎週東京都ホームページで公表する予定。

◆都内流通食品の放射性物質モニタリング検査について
検査開始日:11月8日(火)
対象食品:都内の小売店に流通している農産物、水産物、食肉、鶏卵および加工食品
実施機関:東京都健康安全研究センター
検査方法:
(1)スクリーニング検査
流通食品をサンプリング(小売店)し、NaI(ヨウ化ナトリウム)シンチレーションスペクトロメーターによるスクリーニング検査を実施
(2)確定検査
スクリーニング検査で50Bq(ベクレル)/キログラムを超えたものは、ゲルマニウム半導体検出器による確定検査を実施
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)