リセマム6周年

広尾学園、中高生と教員向けに分子生物学実習の公開講座11/20開催

教育・受験 その他

広尾学園中学・高等学校サイエンスラボ
  • 広尾学園中学・高等学校サイエンスラボ
 私立中高一貫校の広尾学園中学高校(東京都港区・大橋清貫 学園長)は11月20日(日)に同学園にて、東京都内の中高生100名と東京都生物クラブ連盟所属の理科教員50名を対象に、先端の設備と実験機器を活用した分子生物学講座を開催する。

 実験実習内容としては、現代の分子生物学研究の基礎の一つであるPCR法を用いて、目に見えない分子レベルの生命現象を扱うとともに、英語の学術論文を読み解きながら考察を重ねるリサーチワークを行う。

 広尾学園中学高校では、2011年に高校に「医進・サイエンスコース」を新設。2011年に完成した新校舎に生物、物理、化学の3つのサイエンスラボを設置し、全学的に最新のサイエンス教育を推進しているという。

 公開講座では、この環境を都内の中高生と理科教育を推進している東京都生物クラブ連盟の教員に提供し、医進・サイエンスコース担当の理科教員が講師となり、中等教育における先端的な理科教のあり方を模索する。また、本講座は池田理化、エッペンドルフといったバイオサイエンス関連企業とも連携して実施する。

◆広尾学園中学高校 実験実習講座
 日時:11月20日(日)10:00~17:00
 場所:広尾学園中学高校サイエンスラボ
 講師:木村健太(広尾学園医進・サイエンスコースマネージャー)
  DNA講義
  DNA抽出実験
  PCR実験
  PCR講義
  電気泳動実験
  リサーチワーク
  発表・ディスカッション

 生物クラブ連盟:現在、鴎友学園が代表を務め学習院、安田学園に事務局をおいて主に生物分野の教育の向上を目指す組織。定期的に、東京私学の中学高校教員および生徒が実験実習講座を行っている。ほかに、桜陰、開成、吉祥女子、攻玉社、渋谷教育学園渋谷等が参加している。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)