リセマム6周年

長岡技術科学大学の統合図書館システム、NECがプライベートクラウドで構築

教育ICT ソフト・アプリ

図書館システム「E-CatsLibrary」
  • 図書館システム「E-CatsLibrary」
  • Active Campus For SaaS/図書館の仕組み
 日本電気(NEC)は2日、長岡技術科学大学、および全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスが共同で利用する統合図書館システムをプライベートクラウドで構築したことを公表した。長岡技術科学大学は、2012年3月から本システムの運用を開始する。

 長岡技術科学大学では、主として高等専門学校卒業生を受け入れており、共同研究や教職員の交流等を積極的に行うなど、全国の高等専門学校との連携強化を推進してきている。その一環として、今回、長岡技術科学大学と全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスによる、統合図書館システムをプライベートクラウドで構築し、保有する蔵書約4百万件以上を横断的に検索可能とした。各校の専門分野に合わせて集められた蔵書や電子ジャーナルなどをインターネット経由で気軽に検索できる。

 各高等専門学校に設置されていたサーバを長岡技術科学大学の6台に集約し、各高等専門学校にはPCとプリンタのみを設置。長岡技術科学大学がサーバ管理やシステム更新時作業などの管理業務を行い、コスト削減と大幅な業務効率化を実現した。

 さらにクラウドサービスを利用し、小規模図書館では難しい図書館業務の多様化・効率化への対応を実現した。サーバ管理業務を長岡技術科学大学に集約することにより、各高等専門学校では自校のシステム管理が不要となり、コストの削減と大幅な業務の効率化が期待されるという。

 NECは、図書館システムとして、大学図書館向けソリューション「E-CatsLibrary」(イーキャッツライブラリ)を納入。職員向けの蔵書点検、資料受入、閲覧機能や、利用者向けの貸出、予約、図書購入申込機能など、図書業務に必要な機能を各高等専門学校へSaaS型で提供する。なおNECでは、プライベートクラウドでの図書館システムの構築に加え、小規模大学図書館向けには、パブリッククラウドサービス「Active Campus for SaaS/図書館」を提供している。

NEC、長岡技術科学大学の統合図書館システムをプライベートクラウドで構築

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)