若手研究者たちが高校生・大学生と議論する公開シンポジウム12/17

教育・受験 その他

科学・技術フェスタin京都2011公開シンポジウム
  • 科学・技術フェスタin京都2011公開シンポジウム
 日本学術会議・若手アカデミー委員会は、公開シンポジウム「若手研究者たちと考える、君たちの、そして日本の未来―大学で何を学び、何をかなえたい?―」を12月17日に国立京都国際会館にて開催する。

 科学者の代表機関である日本学術会議では、若手アカデミーを設置し、次世代を担う若手科学者が学術と社会の問題について検討し、未来に向けて提言していくことを目指している。

 公開シンポジウムは、12月17日・18日に国立京都国際会館で行われる「科学・技術フェスタ in 京都2011」のプログラムのひとつとして行われるもの。各分野の第一線で活躍する若手研究者20数名が専門の枠を越えて一同に集まり、「震災を経験した若者が考える科学のあり方」や「生命科学がもたらす未来」など、各テーマごとのグループに分かれ、高校生や大学生と議論していくという。

 参加は無料で事前申込みも不要。定員は先着200名となっている。

◆科学・技術フェスタin京都2011公開シンポジウム
日時:12月17日(土)15:15〜17:00
会場:国立京都国際会館 RoomA(京都市左京区岩倉大鷺町422)
【参加若手科学者】50音順
・青木伊知男氏(放射線医学総合研究所分子イメージングセンター・チームリーダー)
・荒木希和子氏(京都大学生態学研究センター・学振特別研究員)
・井藤彰氏(九州大学大学院工学研究院・准教授)
・上野賢哉氏(京都大学次世代研究者育成センター「白眉プロジェクト」・特定助教)
・大城敬人氏(大阪大学産業科学研究所・特任助教)
・隠岐さや香氏(広島大学大学院総合科学研究科・准教授)
・狩野光伸氏(東京大学大学院医学研究科・講師)
・木村剛氏(東京医科歯科大学・生体材料工学研究所・助教)
・久保啓太郎氏(東京大学大学院総合文化研究科・准教授)
・駒井章治氏(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科・准教授)
・塩尻かおり氏(京都大学次世代研究者育成センター「白眉プロジェクト」・特定助教)
・住井英二郎氏(東北大学大学院情報科学研究科・准教授)
・関口仁子氏(東北大学大学院理学研究科・准教授)
・千田雅隆氏(京都大学次世代研究者育成センター「白眉プロジェクト」・特定助教)
・高橋良和氏(京都大学防災研究所・准教授)
・竹村仁美氏(九州国際大学法学部・准教授)
・田中由浩氏(名古屋工業大学(おもひ領域)・助教)
・中村征樹氏(大阪大学大学教育実践センター・准教授)
・林秀弥氏(名古屋大学大学院法学研究科・准教授)
・松崎典弥氏(大阪大学大学院工学研究科・助教)
・吉田丈人氏(東京大学大学院総合文化研究科・准教授)
・渡辺亮氏(京都大学iPS研究所・助教)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)