リセマム6周年

【宮澤真理のキャラ弁】菓子箱を工夫して、行楽弁当

生活・健康

【宮澤真理のキャラ弁】菓子箱を工夫して、行楽弁当
  • 【宮澤真理のキャラ弁】菓子箱を工夫して、行楽弁当
  • 【宮澤真理のキャラ弁】菓子箱を工夫して、行楽弁当
 秋の行楽シーズン到来です。みんなでお出かけのお弁当はできるだけ軽くて、使い捨てできるものだと助かりますね。菓子箱もこんな工夫で楽しさいっぱい!

◆作り方

(1)空き箱におかずカップを入れて、丸く作ったおにぎりやおかずを入れます。できるだけ同じ色が隣り合わせに並ばないようにすると綺麗です。また暗い色のおかずにはニンジンなどの切り抜きを入れます。


(2)キュウリのかつらむきをクマ型で切ってカエルを作ります。目はスライスチーズをストローで切って、瞳は海苔を切って作ります。


(3)ゆでニンジンを薄く切ってからナイフでタコの形に切りタコちゃんを作ります。目はスライスチーズをストローで切って、瞳はゴマで作ります。塩ゆでオクラの輪切りをそえるとかわいいです。


(4)海苔を丸く切ってから、導火線も切ります。ゆでニンジンを星型で切って火を作ります。スライスチーズをストローで切って目と口を作ります。瞳はゴマで。


(5)おにぎりの上にかえるなどを配置して完成です。

◆ポイント

 空き箱は、お菓子の箱など、中が格子状に区分されているものがベストですが、区分されていないものでも、おかずカップをきちんと並べれば大丈夫です。ただし、仕切りがない分ずれやすいので、運ぶときには注意してください。
《宮澤 真理》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)