リセマム6周年

むし歯は改善、視力は悪化傾向…文科省学校保健調査

生活・健康 健康

健康状態(疾病・異常を被患率等別)
  • 健康状態(疾病・異常を被患率等別)
  • 裸眼視力1.0未満の者の推移
  • むし歯(世代間比較)
  • 裸眼視力1.0未満の者(世代間比較)
 5歳~17歳の健康状態について、むし歯は改善傾向にあるが、視力は悪化傾向にあり、「裸眼視力1.0未満の者」の割合は、幼稚園27.52%、小学校30.68%、中学校54.38%、高校63.76%となっていることが、文部科学省の2012年度学校保健統計調査速報より明らかになった。

 同調査は、幼児や児童、生徒の発育と健康状態を明らかにするため、2012年4月1日~6月30日の期間、満5歳~17歳を対象に抽出調査を実施した。調査対象者数は、発育状態が69万5,600人(全体の4.9%)、健康状態が334万2,942人(全体の23.4%)である。

 健康状態について、疾病・異常を被患率等別にみると、幼稚園や小学校では「むし歯(う歯)」がもっとも高く、幼稚園42.86%、小学校55.76%がむし歯になっている。次に多いのが「裸眼視力1.0未満の者」で、幼稚園27.52%、小学校30.68%となっている。

 また、中学校や高校では「裸眼視力1.0未満の者」がもっとも高く、中学校54.38%、高校63.76%となっている。次に多いのが「むし歯(う歯)」で、中学校45.67%、高校57.6%である。

 過去の調査と比べると、むし歯はすべての学校段階で改善傾向がみられる。しかし、裸眼視力はすべての学校段階で前年度と比較して「裸眼視力1.0未満の者」の割合が増加している。また、「裸眼視力0.3未満の者」の割合は、幼稚園0.5%、小学校8.58%、中学校27.11%、高校34.61%となっており、前年度と比較すると、幼稚園で減少、小学校と中学校、高校で増加している。

 世代間比較をすると、むし歯は、55年前の祖父母世代に比べ30年前の親世代では多くなっていたが、親世代に比べ子世代では減少している。しかし、「裸眼視力1.0未満の者」は、父母世代に比べ子世代では多くなっている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)