教育ICT用語

【高校受験2013】宮城県公立高校・後期選抜出願状況、全日制1.19倍

教育・受験 受験

後期選抜の募集をする学校・学科数
  • 後期選抜の募集をする学校・学科数
  • 出願状況の総括
  • 全日制仙台北地区の学校の出願状況
 宮城県教育庁は2月25日、平成25年度宮城県公立高等学校の後期選抜の出願状況をまとめ、ホームページに公開した。後期選抜の学力検査は3月7日に各学校で実施される。

 宮城県の公立高校の前期選抜は2月12日に合格者を発表。全日制課程の募集定員は3,606人に対し、出願者数は8,484人。受験倍率は昨年より1.03ポイント上昇し、2.35倍だった。

 後期選抜の志願受付は25日に締め切った。実施するのは、全日制73校140学科、定時制13校21学科。募集定員は11,432人に対し、出願者は13,551人。出願倍率は昨年より0.04ポイント下降し、1.19倍になっている。

 出願倍率が2倍以上の全日制の学校は、仙台向山高校理数科2.00倍、泉高校英語科2.00倍、宮城野高校美術科2.05倍。

 後期選抜はこの後、3月7日に学力検査が行われ、合格者の発表は3月13日に行われる。

 なお、各学校・学科別の後期選抜の出願状況はホームページで確認できる。
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら