リセマム6周年

日本デジタル教科書学会、青山学院で6/10研究会

教育ICT 学校・塾・予備校

日本デジタル教科書学会(webサイト)
  • 日本デジタル教科書学会(webサイト)
  • ゲストの庄司昌彦氏と重田勝介氏
 日本デジタル教科書学会は、デジタル教科書の行方をテーマとした研究会「デジタルオンラインがもたらす近未来の教育」を6月10日、青山学院大学で開催する。参加費は会員500円、一般3,500円。

 今回の研究会では、庄司昌彦氏(国際大学グローコム講師)と重田勝介氏(北海道大学准教授)をゲストに招き、前半に講演会を実施する。庄司氏は「オープンデータの現状と展望、教育等にもたらす社会的影響」というテーマで公共機関等のデータを社会的に広く活用する「オープンデータ」化の現状と展望、そしてそれがどう教育に結びつくのかについて講演。重田氏は、「教育のオープン化はデジタル教科書に何をもたらすか?」というテーマで、オープンエデュケーションの世界動向とオープン教材(OER)の活用について講演する。

 後半は、ゲスト2名に上松恵理子氏(同学会副会長・武蔵野学院大学)と伊藤一成氏(同学会理事・青山学院大学)を交え、デジタル教科書の行方についてトーク&ディスカッションを行う。

 参加申込みはwebサイトで受付中。

◆デジタルオンラインがもたらす近未来の教育
日時:6月10日(月)17:30~20:20
開催場所:青山学院大学青山キャンパス 総研ビル9F 第16会議室
参加費:同学会会員:500円、一般:3,500円
申込み:Webサイトより
定員:50名(先着順)
プログラム:
17:30 開場
18:00~18:55 講演:庄司昌彦氏
19:00~19:55 講演:重田勝介氏
20:00~20:20 トーク&ディスカッション
《水野こずえ》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)