教育ICT用語

お盆時期の渋滞予測、下り8/10-11・上り8/15がピーク

生活・健康 交通・クルマ

NEXCO東日本
  • NEXCO東日本
  • 特に著しい渋滞が予測される地点(高速道路)
  • 特に著しい渋滞が予測される地点(一般道路・関東)
  • NEXCO中日本
  • ドライブトラフィック
 お盆の時期は、故郷への帰省や観光地への行楽などで車の交通量が増加し、激しい渋滞が発生すると予測される。日本道路交通情報センターによると、高速道路は、下り線が8月10日(土)~11日(日)に、上り線が8月15日(木)にピーク時10km以上の渋滞が多く発生するという。

 特に激しい渋滞が予測される地点について、高速道路では、8月10日(土)6時をピークに中央自動車道(下り)藤野PA付近で40kmの渋滞。8月11日(日)17時をピークに東名高速道路(上り)大和TN付近で40kmの渋滞。8月16日(金)17時をピークに関越自動車道(上り)高坂SA付近で35kmの渋滞などが予測される。

 一般道路では期間中の休日を中心に観光地へ向かう車が増加するため、周辺道路の激しい渋滞が予測される。特に激しい渋滞は、熊野花火大会(三重県)の開催日に国道42号で20km(行き)などが予測されている。

 また、NEXCO東日本・中日本・西日本では、お盆時期の8月8日~18日の高速道路渋滞予測をホームページに掲載している。スマートフォンで全国の高速道路情報がチェックできる「ドライブトラフィック」を無料で提供しているので、利用してはいかがだろうか。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top