教育ICT用語

ジャカルタで開催の自律型ロボット競技世界大会、OIS・立命館中が銀メダル獲得

教育ICT その他

表彰式
  • 表彰式
  • World Robot Olympiad(WRO)
  • 日本代表チーム
  • 日本代表チーム
 世界中の小学生から高校生までを対象とした、自律型ロボットによる国際競技大会「World Robot Olympiad(WRO)」が11月16・17日の2日間、インドネシア・ジャカルタで開催された。

 WROは、シンガポールサイエンスセンターの発案により2004年に始まった国際的なロボット競技大会。世界中の子どもたちに、科学技術を身近に体験できる場を提供し、創造性と問題解決力を育成することを目的に開催している。

 10回目を迎えた同大会には、世界約40の国と地域から1万7,000チーム(約4万人)が参加し、うち30の国と地域から選抜された約400チーム(約1,000人)が国際大会に集結した。

 参加者は、プログラム教材ロボット「教育用レゴ マインドストーム」を使い、自身でデザイン・プログラムを開発。設定コースの課題をクリアしていく「レギュラーカテゴリー」、設定されたテーマをロボットを使って発表する「オープンカテゴリー」の2部門で争われた。

 日本からは、全国30か所で開催された予選会に参加した1,000チーム(約2,500人)から勝ち抜いた17チームが出場。大阪インターナショナルスクール・立命館中学校の「robotics X」がレギュラーカテゴリー 中学生部門で2位に入賞するなど、世界を相手に健闘した。

 WROは2014年はロシア、2015年はカタール(ドーハ)で開催される。

◆日本チーム結果
[レギュラーカテゴリー]
・中学生部門
2位 「robotics X」大阪インターナショナルスクール・立命館中学校
7位 「はやぶさ 2013」鯖江中学校
[オープンカテゴリー]
・高校生部門
6位 「山脇学園 SIクラブ」 山脇学園高等学校
7位 「作品製作部」 福岡県立香椎工業高等学校
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)