教育ICT用語

小中高生向け情報コンテスト11/17-22、参加校募集

教育ICT その他

ビーバーコンテスト情報ページ
  • ビーバーコンテスト情報ページ
  • Bebras Contest
 情報オリンピック日本委員会は9月29日、小中高生向け国際情報科学コンテスト「ビーバーコンテスト2014」の参加校募集を開始した。申込み締切りは11月10日(月)。実施期間は11月17日(月)~11月22日(土)8時~18時で、参加校が実施日時を指定する。

 ビーバーコンテストは、「Bebras Contest」という名称で欧州を中心に普及しているコンピュータ科学に関する子ども向けのコンテスト。2010年より日本でも開催することとなった。コンテストと称しているが、日本では順位をつけて競い合うことを目的としていない。

 申込みは学校ごとに行い、学級・学年単位や、希望者だけの参加、放課後の部活などでの参加も可能。ただし、個人での申込みはできない。参加費は無料。

 参加生徒は、インターネットに接続可能なコンピュータを使ってコンテストに参加。Webブラウザでコンテストサイトにアクセスして各設問に解答する。学年に応じて、小学5・6年生は「ベンジャミン」、中学1・2年生は「カデット」、中学3年生と高校1年生は「ジュニア」、高校2・3年生は「シニア」に分類される。問題数は小学生が10問を30分で、中高生が12問を40分で解く。過去問題は、ビーバーコンテスト情報ページで公開されている。

 コンテストの結果は、自分自身の結果を参照できるほか、学校の先生が自校の参加生徒の結果を参照・ダウンロードすることができる。同委員会が参加個人や学校が特定できる形で結果を公表することはない。ただし、学校が特定できない形でコンテスト結果に関する統計データを公表することや、研究・教材開発のために活用することがある。

◆ビーバーコンテスト2014
日時:11月17日(月)~11月22日(土)8時~18時のうち、参加校が実施日時を指定する。
会場:所属する学校で実施する
対象:小学5年生~高校3年生
締切:11月10日(月)
参加費:無料
申込方法:担当教員が申込みサイトより申し込む
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら