教育ICT用語

ドワンゴ、行政指導受けるも受験料継続…2016年度は3千円に値上げ

生活・健康 その他

ドワンゴグループの新卒採用ページ
  • ドワンゴグループの新卒採用ページ
  • 2015年度の応募と選考の状況(前年対比)
 ドワンゴは11月12日、2016年度新卒入社試験の受験制度について発表した。1次試験の書類選考までにかかる実費を同社と受験生で半分ずつ負担することとし、2016年度より受験料として3,000円を徴収する。ただし、首都圏以外の在住者は免除する。

 現在の新卒入社採用試験は、1人の受験生が100社以上もエントリーしているような状況で、受験生と企業の双方に大きな負担がかかっている。同社は、こうした状況を解消すべきと考え、本当に入社したい人材に集まってもらおうと、2015年新卒入社試験で受験料として2,525円を徴収した。内定辞退者が減少するなど期待どおりの結果が得られたものの、東京労働局より翌年度以降は実施しないよう行政指導を受けた。

 同社は、行政指導の内容を厳粛に受け止め、一部内容を変更し、「2016年度 受験料制度」として、新卒入社試験におけるエントリー時の受験料制度を実施する。1次試験である書類選考までに実際にかかる費用として算定した金額(約6,000円)を同社と受験生で半分ずつ負担することとし、3,000円を受験料として徴収する。ただし、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)以外に在住の方は、受験料の支払いは発生しない。エントリー開始は12月1日。

 なお、2015年度は徴収した受験料を日本学生支援機構に寄付する予定だったが、行政指導を受けたことに基づいて同機構と協議した結果、中止することにした。2016年度も受験料の寄付は行わないという。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック