教育ICT用語

「Pepper」でプログラミング体験、11/29に小中高生向けワークショップ開催

教育ICT その他

Pepper
  • Pepper
  • Pepperとプログラミング環境「Choregraphe」
  • 8月に開催されたワークショップコレクションでのPepper
  • 8月に開催されたワークショップコレクションでのPepper
 ワオ・コーポレーションは11月29日(日)に小学生から高校生までを対象としたプログラミングワークショップを開催する。ソフトバンクが開発した感情認識パーソナルロボット「Pepper」を利用し、プログラミング経験のない小学生でも無理なく体験できる内容となっている。

 Pepperは、ソフトバンクが2014年6月に発表し、2015年2月に一般販売が予定されている感情認識パーソナルロボット。ワークショップでは、Pepperの概要、開発環境「Choregraphe」の使用方法、ロボットアプリ開発がひらく新しい世界について学ぶことができるという。

 「Choregraphe」は、Pepperの動作や会話の作成、シミュレーション、動作確認などを行うためのアプリケーション。ワークショップ当日は、参加者3名でチームを作り、「Choregraphe」を使ってチームごとに与えられた課題をクリアしながらプログラミングを学ぶ。

 ワークショップでは、Pepperのプログラミングのほか、3Dプリンターやレーザー工作機器のデモンストレーションなども実施。プログラミングとともに、「ものづくり」の先進技術を体験することができる。

◆Pepperと学ぶロボットアプリ体験ワークショップ
日時:2014年11月29日(土)
・午前の部、10:00~12:00(小学生対象)
・午後の部、13:00~15:00(小学生対象)
・夕方の部、16:00~18:00(中高生対象)
会場:ものづくりコワーキングスペース Co-Box(大阪市中央区谷町1丁目3-5 アンフィニィ天満橋3F)
対象:小学4年生~高校生
定員:各回先着12名
参加費:無料
《湯浅大資》

特集

page top