教育ICT用語

夏期留学の授業料免除、CIEE奨学金…3年で50名採用

教育・受験 大学生

CIEE JAPAN50周年記念スカラーシップ
  • CIEE JAPAN50周年記念スカラーシップ
  • CIEE JAPAN50周年記念サイト
  • CIEE夏期留学プログラム
 TOEFLテスト日本事務局などを手がける国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部は、設立50周年を記念した奨学金制度を実施すると発表した。CIEEが実施する夏期留学プログラムの授業料が免除される制度で、3年間で50名を採用するという。

 同制度は、米国の大学に在学している学生と日米以外の国で一緒に学ぶ機会を日本人学生に提供し、多様な環境でグローバルに活躍できる人材育成を支援することを目的としている。

 採用されると、CIEE米国本部が実施している「STUDY ABROAD」の夏期留学プログラム(1セッション4週間)での授業料が免除される。同プログラムは1958年に始まり、現在は43か国の国・地域で主要大学と連携しながら実施されている。おもに米国の大学に在学する学生を対象としており、年間220のプログラム(秋・春セメスター、サマー)に10,000人が参加しているという。2016年度は、28か国で80以上のプログラムが実施される予定だ。

 応募資格は、「日本の大学に学位取得目的で在学している日本人学生。申請するプログラムの受講要件を満たし、TOEFL iBTテストスコアが61以上、またはTOEFL ITPテストスコアが500以上」。ただし、単位取得を目的とする場合はTOEFL iBTテストスコアが79以上、またはTOEFL ITPテストスコアが550以上であることが必要。

 2016年夏にプログラムへの参加を希望する場合は、2015年11月1日から2016年2月末日までに申請する。申請書類は届き次第、順次第一次審査、第二次審査を行い、書類の提出日から45日を目途に最終審査結果を申請者に通知する。支給枠が満席となった場合は、申請期間最終日を待たずに締切りとなる。

◆CIEE JAPAN50周年記念スカラーシップ
授与期間:2016年~2018年の3年間
奨学金:CIEE本部が実施する夏期留学プログラム(1セッション4週間)の授業料免除
受給者:3年間で50名(1年で10~20名)
資格要件:日本の大学に学位取得目的で在学している日本人学生。申請するプログラムの受講要件を満たし、TOEFL iBTテストスコアが61以上、またはTOEFL ITPテストスコアが500以上。
※単位取得を目的とする場合は、TOEFL iBTテストスコアが79以上、またはTOEFL ITPテストスコアが550以上。
申請期間:※支給枠が満席になった場合は、申請期間最終日を待たずに締め切る
【2016年夏に参加】2015年11月1日(日)~2016年2月29日(月)
【2017年夏に参加】2016年11月1日(火)~2017年2月28日(火)
【2018年夏に参加】2017年11月1日(水)~2018年2月28日(水)
審査プロセス:
・第一次審査/「夏期留学プログラム応募書式(英語)」と「志望動機、将来像、授業以外の活動などを述べたエッセイ(日英)」
・第二次審査(第一次審査の合格者が対象)/面接(遠距離の場合は、電話での対応可)
結果発表通知:申請書類提出日から45日を目途に、審査結果を通知する
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)