教育ICT用語

「東京大学ビジョン2020」公表、国際性強化や入試改革で多様性図る

教育・受験 高校生

東京大学
  • 東京大学
  • 「東京大学ビジョン2020」について
 東京大学は10月22日、2020年度までの具体的方針として作成された「東京大学ビジョン2020」を公表。基本理念に「卓越性」と「多様性」を掲げ、全学で改革を進めていく姿勢を示した。ビジョンの内容は、Webサイト上でも随時紹介していくという。

 「東京大学ビジョン2020」は、2020年度までに至る五神真総長の任期期間中における具体的方針として作成。同大の基本的な姿勢を示した「基本理念」と、4つのビジョンである「研究」「教育」「社会連携」「運営」、それを実現するための「アクション」で構成されている。

 ビジョン1「研究」は、「新たな価値創造に挑む学術の戦略的展開」となっている。文系・理系ともにすぐれた学術成果をこれまで以上に国内外に発信するとした。また、研究に専念できる環境整備を行うことで、国籍・性別・年齢を問わず、多くのすぐれた人材を同大に引きつけ、切磋琢磨する機会を提供していく。学術を高度化するとともに、学際的な研究を推進し、同大教育研究の基本的な駆動力である「卓越性と多様性の相互連環」を図る。

 ビジョン1「研究」を実現するための「アクション」として、同大の枠を超えた共同研究や国際的な連携を推進し、分野融合型の新たな学知を創出するなど、国際的に卓越した研究拠点の拡充・創設をあげた。

 ビジョン2「教育」は、「基礎力の涵養と『知のプロフェッショナル』の育成」となっている。学部教育改革の推進、国際卓越大学院の創設のほか、学生の多様性拡大をあげた。高大連携を強化し、推薦入試等による入試改革を進めるとともに、海外から留学生を積極的に受け入れることにより、多様性を拡大するという。

 このほか、「社会連携」では「21世紀の地球社会における公共性の構築」、「運営」では「複合的な『場』の充実と活性化」を図るとしている。

 また、東京大学は文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業でトップ型(タイプA)に選ばれている。2024年までの期間で非英語圏における研究型総合大学のモデルとなるような、グローバルキャンパスの実現を目指している。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら