教育ICT用語

学習コンテンツ充実の低・高学年向け電子辞書「EX-word」新発売

教育ICT 小学生

小学校低学年向けモデル「XD-SK2000」、小学校高学年モデル「XD-SK2800」
  • 小学校低学年向けモデル「XD-SK2000」、小学校高学年モデル「XD-SK2800」
  • カラーバリエーション
  • 高学年向け収録コンテンツ(一部紹介)
  • 高学年向け収録コンテンツ(一部紹介)
  • 高学年向け収録コンテンツ(一部紹介)
 カシオ計算機は、電子辞書「EX-word(エクスワード)」シリーズの新製品として学習に興味を持たせるコンテンツを充実させた小学校低学年モデル「XD-SK2000」と、小学校高学年モデル「XD-SK2800」の2機種を11月13日より発売する。

 EX-wordは、2001年に英英辞典を搭載した大学生モデルと英和辞典を搭載した高校生モデルの2機種を発売したことを皮切りに、2005年の中学生向けモデル、2012年の小学校高学年モデル、2014年の小学校低学年モデルと、英語学習の低年齢化に対応して、学習段階に合わせた学生向けモデルのラインアップを拡充してきたシリーズ。

 今回新たに発売する「XD-SK2000」「XD-SK2800」は、自ら学習する習慣を身に付けられるコンテンツを厳選して収録。従来の英語学習機能をさらに充実させ、英語アニメ「リトル・チャロ」はNY編に加えて「リトル・チャロ2」を追加。イギリスの約80%以上の小学校の「国語」教科書として採用されている「オックスフォードリーディングツリー」も新たに収録し、リスニングやスピーキングをアニメや絵本で学べる内容となっている。

 さらに、小学生向け国語辞典や漢字辞典、13,500項目を備えた百科大事典「きっずジャポニカ 新版」などを収録し、学習で生じるさまざまな疑問や問題点の解決のサポートも行う。低学年向けでは「小学総合的研究 問題集」や「英検4級 過去6回全問題集」など40コンテンツを、高学年向けでは「高校入試中学1・2年の総復習 改訂版」や「中学英単語ターゲット1800 改訂版」など100コンテンツを収録し、長期にわたる学習支援を可能にしている。

 タッチパネル搭載の新2機種は、オープン価格で販売。カラーバリエーションは低学年向けがホワイト、高学年向けがホワイトとビビットピンク。日々の学習から受験までをサポートする。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)