教育ICT用語

【大学受験2016】河合塾、進学・就職実績掲載…進路比率や職業別割合など

教育・受験 高校生

大学検索システム
  • 大学検索システム
  • (一例)京都大学の進学・就職実績
  • 河合塾「Kei-Net」
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は11月26日、大学検索システムに「進学・就職実績」画面を追加した。卒業者の進路概況や医療系の国家試験合格状況、就職者の職業別割合、産業別割合を見ることができる。

 Kei-Netの大学検索システムでは、大学名、地図から探すことができ、学部系統や取得可能資格、入試難易度などからも検索できる。検索結果の画面では、大学の学部学科ごとの募集人員、ボーダー、出願締切日や入試日の日程が一覧で表示される。

 追加された「進学・就職実績」は、各大学の概要に掲載。大学により異なるが、学士課程・修士課程の進路概況や医療系の国家試験合格状況を見ることができ、進路概況では学部学科ごとの卒業者数と進学者・就職者・その他の進路比率が確認できる。

 そのほか、就職者の職業別割合、産業別割合がある。進路概況や職業別・産業別割合は、朝日新聞と河合塾が共同で実施している「ひらく 日本の大学」調査の、2014年アンケート(2013年度卒業者)での回答内容がもとになっている。

 京都大学を見ると、文学部人文学科は卒業者219人のうち55.2%が就職し、27.4%が進学、職業別割合は事務が8割以上となっている。理学部理学科は卒業者280人のうち12.5%が就職、80.7%が進学している。慶應義塾大学商学部では、卒業者958人のうち83.2%が就職し、産業別割合から金融業・保険業が多いことがわかる。

 Kei-Netの志望校検索メニューでは、大学検索システムのほか、入試難易度予想ランキング表、大学での学びを47種類に分類した学問ウォッチング、「全統模試」の成績から合格可能性を判定する模試判定システム(会員専用)などを掲載している。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top