教育ICT用語

父母回答に激変、祖父母は財閥…子どもや孫に勤めてほしい企業ランキング

生活・健康 大学生

リスクモンスター
  • リスクモンスター
  • 子ども/孫に勤めてほしい企業(上位20社)
  • 子ども/孫に勤めてほしい企業(上位100社)
  • 子どもに勤めてほしい企業
  • 孫に勤めてほしい企業
 リスクモンスターは、子どもや孫に「勤めてほしい企業ランキング」調査を実施、上位2社は前回調査と変わらず1位「トヨタ自動車」、2位「全日本空輸(ANA)」という結果だった。また、「アップル(Apple)」は前回43位から大幅ランクアップの18位となった。

 「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業ランキング」調査は、与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターが、インターネット調査により実施。全国の未成年の子どもや孫をもつ20歳~69歳の男女800名から回答を得た。調査期間は9月17日~18日。調査対象企業は、年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出した。

 子どもや孫に勤めてほしい企業の1位は「トヨタ自動車」で12.9%、2位「全日本空輸(ANA)」8.0%、3位「日本航空(JAL)」6.1%、4位は「サントリー」「東日本旅客鉄道(JR東日本)」「三菱東京UFJ銀行」の3社が同率で5.1%、7位「電通」4.9%、8位「三菱商事」4.8%、9位「本田技研工業(ホンダ)」4.5%、10位は「資生堂」「パナソニック」の2社が同率の4.4%と続いた。

 上位10社の中でも、「日本航空(JAL)」や「サントリー」「東日本旅客鉄道(JR東日本)」「電通」「本田技研工業(ホンダ)」「パナソニック」の6社は前回調査からランクアップ。また、「アップル(Apple)」は前回43位から18位と大幅にランクアップした。

 父母世代に限ってみると「子どもに勤めてほしい企業」は、上位20社すべてのランキングが前回調査から入れ替わり、「アップル(Apple)」や「グーグル(Google)」などIT関連企業をはじめとした新興企業がランクインした。父母世代が経済の流行に敏感なようすを示しているという。

 一方、祖父母世代の「孫に勤めてほしい企業」をみると、「サントリー」「三菱商事」「三井物産」など上位20社中18社は、前回調査に引き続き上位にランクイン。上位20社のうち9社は、前回調査と同じ順位だったという。祖父母世代は、業歴の長い企業や財閥系企業に対して安定的な評価をしているという。

 選択した理由は、1位の「トヨタ自動車」では「安定している」「世界的な大企業」という意見が多かった。また、3位の「日本航空(JAL)」には「自分が勤めていた」や「自分が勤めたかった」という意見も寄せられ、子どもや孫が安定的で豊かな生活を送ることを望んでいるほか、自身が過去に夢見ていた職業に対し、子どもや孫に夢を託す姿もうかがえる。

 また、リスクモンスターが2015年3月に就職活動生に実施した「就職したい企業・業種ランキング」調査の上位20社のうち、今回の調査と重複した企業はわずかに6社。堅実性の高い職業を希望する傾向の学生と、父母や祖父母の夢とは少し隔たりがあるようだと分析している。
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top