教育ICT用語

厚労省がインフルエンザ特集、予防のポイント…EXILE黒木インタビューも

生活・健康 保護者

広報誌「厚生労働」
  • 広報誌「厚生労働」
  • 厚生労働省
 厚生労働省の広報誌「厚生労働」12月号が12月1日発売した。暮らしに密着した施策や情報を紹介しており、特集は「家族みんなで備えるインフルエンザ」。ワクチン接種や予防のポイントを大人、子ども・乳幼児別に紹介している。EXILEの黒木啓司のインタビューも掲載。

 「厚生労働」は、医療、介護、福祉、年金、子ども・子育て支援、労働環境の整備や雇用対策など国民の暮らしに関わりの深い政策を具体的にわかりやすく伝えている。毎月1日発行し、さまざまなテーマの特集を組んでいる。11月号は「人材育成支援策 活用のすすめ」、10月号は「臓器提供、あなたの意思はYES?NO?」だった。

 12月号は流行の兆しが見えるインフルエンザの特集。今シーズンからより効果の高い「4価ワクチン」を導入し、今年のワクチンはどう変わったかを紹介。また、家族みんなで「うつらない・うつさない」インフルエンザとして、大人、子ども、高齢と年代に合わせて予防のポイントをまとめている。

 そのほか「平成27年版労働経済の分析」や、EXILEのパフォーマー・黒木啓司のインタビュー記事なども掲載している。1冊648円(税込)、書店または発行元の日本医療企画オンラインショップで販売。
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)