リセマム6周年

北海道で暴風雪、247校が臨時休校…鉄道運休や道路通行止めも

教育・受験 保護者

北海道総務部危機対策局危機対策課
  • 北海道総務部危機対策局危機対策課
  • H28.1.18からの暴風雪等による被害状況等(第1報)について
 1月18日から続く暴風雪により、北海道内では1月19日に臨時休校や始業繰下げが相次いだ。午前9時時点ではすでに、1月20日の臨時休校が決定している私立幼稚園もある。

 1月17日夜から18日にかけて発達した低気圧の影響により、1月18日は首都圏で大規模な交通網の乱れが起こった。18日からは北海道内でも暴風雪による被害が報告されており、国道や高速道路の通行止めやJRの運休、一部で停電などが相次いだ。

 北海道総務部危機対策局危機対策課の発表によると、1月18日には、暴風雪などの影響を受け北海道内の公立・私立あわせた幼稚園、小学校、中学校や高等学校延べ247校が臨時休校となった。4校では始業繰下げで対応した。すでに、1月20日も私立幼稚園1校で臨時休校(休園)が決定されている。

 被害速報は北海道総務部危機対策局危機対策課Webサイトで随時報告される。
《佐藤亜希》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)