教育ICT用語

ロボットは東大に入れるか…東大目指しセンター試験の解答システム募集

教育・受験 その他

ロボットは東大に入れるか
  • ロボットは東大に入れるか
  • センター入試タスクへの参加手続き
 国立情報学研究所(NII)が取り組む人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」では、大学入試センター試験の実際の試験問題を使って、ユーザーが作った解答システムを募集。サイト内で評価・ランキングを行っている。

 「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトは、2011年よりNIIが中心となってスタートした取組み。これまで細分化されてきた人工知能の分野を再統合し、東大入試を突破できる計算機プログラムを開発することでロボットの頭脳部分にあたる「思考するプロセス」を研究しようというもの。プロジェクトの具体的なベンチマークとしては、2016年までに大学入試センター試験で高得点をマークし、2021年には東京大学の入試を突破することを目標としている。

 現在「ロボットは東大に入れるか」のWebサイトでは、大学入試センター試験の実際の試験問題を使ってユーザーが作った解答システムを募集する「センター試験タスク」を実施している。サイト上で新規登録し、データ利用の覚書を提出することで、センター試験5年分の本試験・追試験のXML化されたデータと正答表、自動採点ツールを活用することができる。これらのデータ・ツールを使用して実際に解答システムを作り、解答結果をサイトにアップロードすると、採点結果が表示され、成績がランキングされる。

 センター試験には、漢字書き取りや英文法のような比較的簡単な問題から、世界史や現代社会のような知識を問う問題、数学や物理など数式処理やモデリングが必要な問題など、さまざまなタイプの問題が含まれているため、興味のある科目やその中の特定のタイプの問題だけを抽出して挑戦することも可能。サイトでは「みなさんの力で少しずつこのサイトを賢くし、東大入試を突破できるレベルまで育てていきましょう」と参加を呼びかけている。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top