リセマム6周年

関東甲信地方、30日にかけて大雪の恐れ…交通障害などに注意

生活・健康 その他

1月29日の全国の天気予報(気象庁)
  • 1月29日の全国の天気予報(気象庁)
  • 1月30日の全国の天気予報(気象庁)
  • 1月30日の関東地方の天気予報(気象庁)
 気象庁によると、関東甲信地方では1月29日から30日にかけて、広い範囲で大雪となる恐れがある。大雪による交通障害や路面の凍結には注意が必要だ。30日に入試を行う大学もあり、受験生への影響も心配される。

 気象庁が29日に発表した気象情報によると、前線を伴った低気圧の影響で、関東甲信地方では29日から30日にかけて、山沿いや関東地方北部平野部を中心に雪となる見込み。関東地方南部平野部では、29日夜から雪となりそう。東京地方でも、29日夜遅くから30日にかけて大雪となる恐れがある。

 30日午前6時までに予想される降雪量は、多い所で甲信地方・関東地方北部山沿い40センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて15センチ、関東地方北部平野部10センチ、関東地方南部平野部5~10センチ。30日の朝以降は雪の降り方は弱まり、平野部では雨に変わる所もあるが、内陸では31日にかけて雪が降り続き、降雪量が増える所がある見込みだという。

 気象庁の天気予報によると、29日は長野、群馬、栃木などで雪が降り、30日にはさらに降雪地域は埼玉、東京にも広がる恐れがある。30日の東京地方は、北の風がやや強く午前中に雪が降り、午後から雨となる予報。埼玉県でも30日は雪の予報となっている。

 大雪や路面凍結による交通障害、電線や架線への着雪による被害などには注意や警戒が必要となる。

 1月30日には、東京工科大学、桜美林大学、城西大学、尚美学園大学などで一般入試が予定されている。受験生は、気象情報や交通情報、試験情報などを確認のうえ、時間に余裕を持って行動することを心掛けたい。
《奥山直美》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)