教育ICT用語

KDDI、小4-高3向け無料「ネットスキル診断」提供開始

デジタル生活 中学生

ネットスキル診断
  • ネットスキル診断
  • テスト問題ページ(中学生向け)
  • 診断結果ページ
 KDDIは、子どものインターネットリテラシーを判定し、年代、利用機種に応じた対策方法を紹介する「ネットスキル診断」を、3月10日よりauホームページ上で提供開始した。au以外のユーザーでも無料で利用でき、子どもたちのインターネットの安心・安全な活用を促進する。

 「ネットスキル診断」は、青少年がインターネットを安心・安全に活用するために、総務省が定めたリテラシー指標「ILAS(Internet Literacy Assessment indicator for Students)」をもとに、各省庁や企業が参画している「安心ネットづくり促進協議会」で公開されているテスト問題「安心協ILAS」を体験できるWebコンテンツ。

 専用サイトから学年、性別、利用機種を選んでクイズ形式の設問に答えることで、子どもがインターネットを安心・安全に利用するための知識を深めることができるという。テスト問題は「安心協ILAS」などの知見を有するKDDI研究所の協力のもと、幅広い年代の子どもが体験できるよう選定されている。なお、推奨年齢は小学4年生~高校3年生。

 テスト診断後には、学年、利用機種、テスト結果に応じた適切なアドバイスが表示されるほか、KDDIが提供する「安心アクセス(青少年向けフィルタリングサービス)」「安心ナビ(子どもの位置検索)」「ウイルスバスター for au(不正アプリブロック、WEB脅威対策)」などのおすすめの商品やサービスを紹介する機能も提供される。

 利用は無料。au以外のユーザーも利用可能で、専用サイトから利用できる。子どもが楽しみながらネットリテラシーについて学べるだけでなく、保護者の方が子どもに安心・安全なインターネットの利用を促す一助として活用することができるコンテンツとなっている。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top