樽美酒・辻希美・織田信成らが読み聞かせする動く絵本アプリが登場

デジタル生活 未就学児

動く絵本アプリ「アーティストろうどくえほん ドリームブックス」
  • 動く絵本アプリ「アーティストろうどくえほん ドリームブックス」
  • 第1話「ももたろう」は樽美酒研二(ゴールデンボンバー)が読み聞かせてくれる
 ドリームラインとSKIYAKIは12月1日、動く絵本アプリ「アーティストろうどくえほん ドリームブックス」の配信を開始した。アプリのダウンロードは無料。絵本の価格は1話360円で、iOSおよびAndroidに対応する。

 ゴールデンボンバーなどのアーティストが所属するユークリッド・グループのグループ会社であるドリームラインは、子ども向け絵本アプリの企画、制作、販売、運営などを行っている。アーティスト・クリエイターのファンクラブ、ファンサイトの企画・制作・運営を行うSKIYAKIと共同で、人気アーティストが読み聞かせをしてくれる動く絵本アプリ「アーティストろうどくえほん ドリームブックス」の配信を12月1日に開始した。

 小学1年生の常用漢字をフリガナ付きの字幕で表示してくれるので、学習にもなるという。また、「おまけ付き絵本」には、読み手のアーティストが歌うエンディングテーマも収録されている。

 絵本は、毎月1日に2作品ずつ発売。12月1日には、ゴールデンボンバーの樽美酒研二による「ももたろう」と、「ベストマザー賞2015」にも選ばれたLINDBERG(リンドバーグ)の渡瀬マキによる「かぐやひめ」が配信された。いずれも「おまけ付き絵本」となっている。今後は、辻希美、織田信成、つるの剛士、荒川静香らの読み聞かせも発売される予定だ。

 アプリは、App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードできる。ダウンロードは無料だが、絵本のダウンロードにはポイントの購入が必要。価格は1話360円(50ポイント)。アプリには、ポイントの誤購入を防ぐキッズロック機能も搭載されている。

◆読み聞かせ絵本アプリ「アーティストろうどくえほん ドリームブックス」
配信開始日:2016年12月1日(木)
価格:アプリ内課金 1話50ポイント(360円)
※100ポイント720円/150ポイント1,080円/200ポイント1,200円
対応OS:iOSおよびAndroid
配信予定:
【2016年12月1日(木)配信】
第1話「ももたろう」樽美酒研二(ゴールデンボンバー) ※おまけ付き
第2話「かぐやひめ」渡瀬マキ(LINDBERG) ※おまけ付き
【2017年1月1日(日)配信予定】
第3話「つるのおんがえし」辻希美 ※おまけ付き
第4話「わらしべちょうじゃ」織田信成
【2017年2月1日(水)配信予定】
第5話「いっすんぼうし」つるの剛士 ※おまけ付き
第6話「おむすびころりん」荒川静香
【2017年3月1日(水)配信予定】
第7話「さんまいのおふだ」ダイアモンド・ユカイ ※おまけ付き
第8話「うらしまたろう」スザンヌ ※おまけ付き
【2017年4月1日(土)配信予定】
第9話「ねずみのよめいり」木下優樹菜 ※おまけ付き
第10話「はなさかじいさん」樽美酒研二(ゴールデンボンバー) ※おまけ付き
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)