NTT東西、時報サービスで元日に「うるう秒」調整を実施

生活・健康 その他

NTTグループ
  • NTTグループ
  • 加入電話、INSネットから発信した場合のガイダンス
  • ひかり電話から発信した場合のガイダンス
 NTT東日本とNTT西日本は、時報サービス「117」において2017年1月1日に「うるう秒」の調整を行うと発表した。午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に、「8時59分60秒」を挿入する。

 総務省と情報通信研究機構(NICT)によると、「うるう秒」は原子時計に基づく時刻を、天文時とのずれが0.9秒以内におさまるように調整を行う時刻のこと。前回の「うるう秒」の調整は、2015年7月1日に実施。1972年に第1回の「うるう秒」の調整が行われて以降、今回で27回目の実施となる。

 NTT東日本とNTT西日本が提供する時報サービス「117」では、NICTの調整方法と同様、2017年1月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に、「8時59分60秒」を1秒挿入し、日本標準時刻に合うように調整する。

 加入電話(電話サービス)およびINSネット(総合デジタル通信サービス)から発信した場合と、ひかり電話(IP電話サービス)から発信した場合では、ガイダンスの聞こえ方が異なるという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)