【2023年2月最新】行政書士通信講座おすすめランキング|人気11社を徹底比較!

行政書士は、「行政書士法」に基づく国家資格を保有する人のことです。国や市区町村などに提出する「許認可」の申請書類を作成したり、提出手続きの代理を担当したりします。

福祉行政が重視されている昨今において、私たちの暮らしと関連していくことが増えた仕事です。多くの市民にとっての「身近な街の法律家」として独立・開業ができ、就職や転職にも有利になります。

その影響から、おすすめの行政書士の通信講座について記事として取り上げているサイトも急増中です。

今回、当サイトでも「おすすめの行政書士の通信講座」について取り上げるわけですが…

「自分は行政書士が合うのだろうか」
「ちゃんと行政書士の資格が取得できるか不安」

といった意見が、当サイトにもよく寄せられます。

そこで、このページでは以下のポイントを押さえながら、わかりやすく比較した内容をまとめました。

・選び方①受講費用で比較して選ぶ
・選び方②初心者でも安心なサポート体制かで比較して選ぶ
・選び方③教材で比較して選ぶ

「先に調査結果を見たい」という声も多いので、まずは「ランキング結果」から調査結果を報告していきたいと思います。

目次

行政書士の通信講座おすすめランキング11選

それでは早速、数ある行政書士の通信講座の中から筆者が厳選したサービスを紹介していきます。

おすすめランキング内でも、TOP5は特に優れており、詳しく分析しているのでチェックしてみてください。

1位:スタディング|事前学習がスマホで完結!【月々3,152円~】

出典:スタディング

【評価項目】

料金の安さ20点/20点
教材の質19点/20点
カリキュラム充実度19点/20点
サポート体制の暑さ19点/20点
信頼性と実績18点/20点
総合評価95点/100点

\無料登録すると体験教材もらえる/

【スタディング通信講座|3つの評価ポイント】

①メールアドレスを登録するだけで「行政書士の初回講座が体験」など合計3つの特典あり
スタディング行政書士講座の無料お試しページ“からメールアドレス登録すると、ひとまず勉強が始められる特典を受け取れます。

気になる初回講座の内容ですが「ビデオ講座」「音声講座」「テキスト」「スマート問題集」「過去問解法講座」「セレクト過去問集」「記述式講座と問題集」「合格のための論点200」と、かなり豪華な内容になっております。

他の講座も検討している場合でも、特典だけひとまず受け取っておくのは賢い選択だと言えるレベルです。

また「初回講座」に加えて、無料セミナー”失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール”PDF冊子”行政書士試験加速学習法“も受け取れます。

②2023年試験に向けて、今すぐにスタートする方を特別割引!
スタディングでは、今すぐスタディングに登録(無料含む)する方を対象として「15%OFFクーポン配布」キャンペーを実施しています。

試験開催は11月なので、まだまだ遠く感じるかもしれませんが、行政書士向けの通信講座を始めるタイミングとしては今がベストです。また無料登録だけでもOKなので、登録だけでもしておくことをおすすめします。

詳しい条件は”スタディングのキャンペーンページ“で確認していただきたいです!

③行政書士試験に合格したスタディング受講生の体験談が掲載されている
毎年(現在2016~2021年分)の合格者のインタビュー動画が「スタディング行政書士 合格者の声」にて確認できます。

合計269名(2021年度90名、2020年度59名、2019年度49名、44名、2018年度23名、2016年度4名)の体験談が掲載されており、年が進むに連れて合格者の体験談が増えている点も、受講者が増えている様子が見れて素敵ですね…。

また2021年(令和3年)度の合格者を実際にインタビューした動画も掲載されているので、これから行政書士試験にチャレンジする者として参考にしてみてください!

【まとめると…】
-メリット-
◎メアド登録の特典だけでも、今すぐに勉強を始められてしまう…
◎合計269名分の体験談が掲載されており、インタビューでも絶賛されている!

-デメリット-
✗他サービスと比べて料金は安いもの、コスト削減されているため「サポート体制は劣るかもしれない?」
✗完璧な学習フローが構築されているため、自分ならではの個別カリキュラムを構築したい場合は合わない可能性あり

公式サイトにて詳しいコース料金チェック可能

おすすめしたい人の特徴

・費用を安くして、できるだけコスパ良く行政書士試験の合格を目指したい方
→公式サイトをチェックすれば、一目瞭然ですが今ならキャンペーンで48,400円で始められる

・2023年11月の試験に向けて今から対策を始めたい方
→一年を通してお得なキャンペーン実施がされやすい時期であるため

・無料でひとまず行政書士試験に向けて勉強を始めたい方
メアド登録だけで「初回講座」「無料セミナー」「PDF冊子(勉強法)」の特典をGETできる

\今なら分割すると月々3,152円/

料金(税込)【行政書士合格コース ミニマム】
34,980円
【行政書士合格コース スタンダード】
44,000円
【行政書士合格コース コンプリート】
59,400
48,400円(スタンダードと比べて4,400円差なので超お得)
合格率
※正式な数値は非公表なので掲載を控えています
主な教材やテキスト・テキスト
・オンライン講座

2位:アガルート|2023年合格目標 早期キャンペーン!期間限定30%OFF中

出典:アガルート

【評価項目】

料金の安さ20点/20点
教材の質19点/20点
カリキュラム充実度19点/20点
サポート体制の暑さ19点/20点
信頼性と実績19点/20点
総合評価95点/100点

\早期開始限定で!最大30%OFF実施中!/

【アガルート通信講座|3つの評価ポイント】

①ここ3年で受講者数が3倍になっており、人気が急上昇中
2021年(令和3年)度の行政書士試験の合格者数はなんと217名。

アガルート受講生の合格率は42.14%と驚異の合格率を誇っています。

ちなみに、令和3年度 行政書士試験の全体合格率は11.18%です。通常だと10人受けて1人受かるほどの確率でしたが、アガルート受講により”10人中4人合格する”レベルまで伸びている事実は驚異的と言えるでしょう。

②2023年試験に向けて、早めにスタートする方へのサポート支援が手厚い!
アガルートでは、2023年2月28日までに受講をスタートする方を対象として「受講費30%OFF」キャンペーを実施しています。

試験開催は11月なので、かなり早めの勉強スタートにはなりますが、一年を通して”これほどお得なキャンペーン”は無いため、始めるなら絶好のタイミングと言えるでしょう。

またアガルートでは、今年(令和4年)度の試験に落ちた方に向けて、全額返金するキャンペーンを実施しています(2023年1月24日まで)

詳しい条件は”アガルートのキャンペーンページ“で確認していただきたいですが、簡単に言うと「令和5年度試験合格+体験談の提出」にて全額返金されるのです!(こんな事なかなかありません…)

③行政書士試験に合格したアガルート受講生の体験談が掲載されている
毎年(現在2018~2021年分)の合格者のインタビュー動画が「アガルートアカデミー行政書士試験講座の実績」にて確認できます。

座談会も含めると25動画が掲載されており、大学生~社会人・主婦さん、2度試験に落ちて3回目で合格した方に実体験などもチェック可能です。

自分が合格に向けて勉強するうえで、学習方法やモチベーション管理などの参考にもなるので、非常におすすめです。

【まとめると…】
-メリット-
◎キャンペーンや”全額返金”など保証とサポートが半端ないレベル!
◎合格者の体験談を毎年掲載しており、平均合格率の約4.13倍の合格率を出している!
◎わずか2か月で行政書士試験に合格し、 大手資格予備校LECで12年以上の講師経歴を持つ講師を迎えてYoutubeライブで相談会なども実施している

-デメリット-
✗今はまだ講座の申込みを迷っている方は、他の講座も検討した方が良さそう(アガルートは今申し込む事と一番お得なので…)
✗「10万円以上出せない…」という方には厳しいかも(キャンペーンで全教材30%OFFになっているが、ほとんどが10万円を超えているため)

公式サイトにて詳しいコース料金チェック可能

おすすめしたい人の特徴

・10万円以上払ってもよくて、カリキュラムと講師の質にこだわりたい人
→決して歴史が長い通信講座ではありませんが、他サービスと遜色ない(むしろ負けない)レベルです

・2023年11月の試験に向けて今から対策を始めたい方
→1年を通して最もお得なキャンペーンを現在実施中であるため

・2022年度の試験で不合格となってしまった方
→アガルートなら全額返金できるチャンスがあるため

\ひとまず2023年2月までにチェックしないと損です…!/

料金(税込)【入門総合講義】
184,800
⇒129,360円
【入門総合カリキュラム ライト】
228,800
⇒160,160円
【入門総合カリキュラム フル】
261,800
⇒183,260円
合格率初受験者の合格率:37.9%(全国平均11.2%)
複数回受講者の合格率:46.15%(全国平均11.2%)

3位:フォーサイト|高い合格率と、最短合格を目指したテキスト・講義が魅力

出典:フォーサイト

【評価項目】

料金の安さ18点/20点
教材の質18点/20点
カリキュラム充実度19点/20点
サポート体制の暑さ17点/20点
信頼性と実績17点/20点
総合評価89点/100点

【フォーサイト通信講座|3つの評価ポイント】

①合格率が全国平均より340%以上高い
2021年度、フォーサイトの合格率は38%で、全国平均合格率の11.18%を3.4倍(340%)も上回りました。

高い合格率の理由は、初学者が短い時間でも合格に必要な実力を身に付けられるサービスが用意されていることです。

eラーニング「ManaBun(マナブン)」を使えば、スマホ・タブレット・パソコンでスキマ時間に知識の強化が可能。

計画を立てるのが苦手な人も、ライフスタイルに合ったスケジュールを自動的に作ってもらえて、必要な勉強にすぐ取り組めます。一般的に12カ月ほどの学習期間が必要とされる行政書士試験に、フォーサイトを使って4カ月で合格した人もいます

②「スピード合格講座 2023年試験対策」が47%割引
「行政書士 スピード合格講座 2023年試験対策」はバリューセットが用意されています。

受講料が単科での合計金額より47%安いため、費用を抑えたい人におすすめです。「バリューセット1 2023年試験対策(基礎+過去問講座)」が税込54,800円、「バリューセット2 2023年試験対策(基礎+過去問+直前対策講座)」が税込76,800円。

行政書士試験の合格に必要なインプット・アウトプット用カリキュラムを、ひと通りカバーできるお得なセットです。

③テキストは満足度95%を達成しておりわかりやすい
テキストは2021年、行政書士試験に合格した200名のうち95%が品質に満足しています。

合格に直結する知識だけが記載されている「合格点主義」のテキストで、不要な学習に時間を費やす心配がありません。

システムを使って徹底的に過去問を分析した結果を反映しており、重要度の高い論点は詳しい解説でしっかり理解できます。フルカラーで読みやすく、図表やフローチャートで内容を理解しやすい点も高く評価されている優秀な教材です。

【まとめると…】
-メリット-
◎高い合格率を誇るeラーニング教材を利用して効率的に学べる
◎セットは安いうえに必要な対策に取り組みやすい
◎わかりやすいテキストで難しい内容もしっかり整理して理解できる

-デメリット-
✗無料の質問に回数制限があり、うまく使わないと、疑問を解消できないまま終わってしまうかもしれない
✗満点ではなく合格最低点を狙うため、確実に高得点を取るのは難しいかもしれない

公式サイトにて詳しいコース料金チェック可能

おすすめしたい人の特徴

・不合格でも支払ったお金を無駄にしたくない方
→万が一不合格だった場合、再受講費用にあてるため、前年度の受講料を払い戻してもらえる

・通信講座でも臨場感あるライブ講義を求めている方
→ライブ配信講義「eライブスタディ」で、講師への質問や受講生との交流を通じ、モチベーションを高められる

・合格グッズをそろえてやる気を高めたい方
→合格手帳やシャープペンシルなど、試験勉強のおともに適したグッズをプレゼントしてもらえる

\数量限定クーポン配布中!/

料金(税込)94,800円
合格率38.0%
主な教材やテキストテキスト
講義
eラーニング

4位:資格スクエア|

出典:資格スクエア
料金の安さ17点
教材の質18点
カリキュラム充実度16点
サポート体制の暑さ18点
信頼性と実績17点
総合評価87点

【資格スクエア|3つの評価ポイント】

①「森T」こと森 広志講師によるわかりやすい講義
「森T」と呼ばれる森 広志講師の講義は1回30分で、「非常にわかりやすい」と好評です。自身は学習期間3カ月で行政書士試験に1発合格を果たし、講師歴は20年を誇っています。

行政書士事務所の代表を務める傍ら「短期合格のスペシャリスト」として、難しい法律をかみ砕いて説明する講義を実施。

時には実際の手引書や聴聞通知書を画面に映して、抽象的な理論も具体例とともに解説する講義が強みです。長いキャリアの中で磨き上げた劇場型のわかりやすい講義で、例年合格者を輩出しています。

②講義後は過去問をどんどん解いて内容を定着
講義視聴後に配信されるメールから、「テーマ習得テスト」を受けることができます。先ほどの講義で視聴したデータをもとに、学習内容に関連した過去問を出題。

インプットの直後にアウトプットをすることで、講義で身に付けた基礎力を使って過去問を攻略します。科目ごとに行う「イン/アウト直結型」の講義進行は「イン→アウトセッション」と呼ばれます。

このセッションをくり返しながら過去問を解いて、内容を定着させるのです。

③受験生の声を取り入れた取り組みやすい過去問集
Twitterで実施した「受験生アンケート」を参考に、取り組みやすい過去問題集を開発しました。リアルな受験生の声を参考に作られたオリジナルの過去問題集は、見開きの左に問題、右に解答と解説が掲載されています。

横文字を左から読むことに慣れている現代人の読みやすさを意識し、まずは左側で問題を解ける構成です。また解き終わった場合、どうしても解けない問題がある場合は、すぐに右側の解説を確認。

問題演習でのアウトプットと解き方のインプットを瞬時に行い、内容を定着させられます。

【まとめると…】
-メリット-
・実績ある講師によるわかりやすい講義が強み
・インプットとアウトプットが直結しており、講義の直後に実力試しが可能
・過去問題集は利用者の声を反映させて構成されたため、取り組みやすい

-デメリット-
・質問サービスでは講義と教材に関する質問だけしかできず、学習スケジュールの相談はできない
・音声教材をダウンロードするには38,500円(税込)の追加料金が必要で、総額が高額になってしまう

おすすめしたい人の特徴

・講師の手元を参考に適切なメモを取りたい方
→講師の手元が映像に映る「ライブ風スタイル」のため、テキストのどこにマーカーを引くべきか把握できる

・講師や受講生に悩み・相談事を共有したい方
→森講師が月1回、Zoomによるオンライン相談会を開くため、ほかの受講生と交流しながら相談ができる

・無料で何度も過去問演習をくり返したい方
→Web上で約2,600肢の過去問が出題されるため、科目のテーマ別にテンポよく解ける

5位:クレアール|200時間を超える充実の講義と、復習重視の回転学習

出典:クレアール

【評価項目】

料金の安さ17点
教材の質18点
カリキュラム充実度16点
サポート体制の暑さ18点
信頼性と実績17点
総合評価87点

クレアール「行政書士講座」は、独自の学習法で合格を目指したい方におすすめの通信講座。

↓その理由は、次のような特徴があるため↓

①独自の効率的学習法「非常識合格法」で合格率UP!

集中、配分、反復という3点を中心に、正答率40%以上を目標に学習を進めて行きます。学習範囲を絞り込み、その部分を徹底的に学習できるのでおすすめです。

②教育訓練給付金制度が受けられる!

厚生労働大臣指定講座であり、支給要件期間が満たされており、「クレアール修了認定基準」の60%以上の得点があれば、受けられます。

③セーフティコースのおかげで、次年度に向けた学習を継続できる

セーフティコースは、仮に不合格だったとしても次年度リベンジができるコースです。もし、2023年度合格した場合には翌年分の未受講分である受講料は、返金されます。

注目できる特徴

・合格したらお祝い金2万円もらえる!
・期間限定割引コースも充実!
・完全通信制で繰り返しどこでも学習できる!
・手厚いサポートで安心して受験!

料金(税込)169,000円
合格者105名(2021年度)
主な教材やテキストWeb講座
音声学習
講義,答練資料をDL

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/

5位:伊藤塾|豊富な講師陣と、初心者でも安心な手厚い個人サポート

出典:伊藤塾

【評価項目】

料金の安さ15点
教材の質18点
カリキュラム充実度16点
サポート体制の暑さ18点
信頼性と実績17点
総合評価85点

伊藤塾「行政書士講座」は、今後活躍したい人におすすめの通信講座。

↓その理由は、次のような特徴があるため↓

①合格後の同窓会がある

伊藤塾出身の実務家1,400人以上が会員の伊藤塾 同窓会「秋桜会」で、交流や勉強会で勉強サポートしてくれます。また、自分がどんな風に活躍したいか想像しやすくなるのでおすすめです。

②業界TOPレベルの豊富な講師陣!

わかりやすい講義によって受験者の勉強が捗ります。また、伊藤塾では講師の育成にも努めています。素晴らしい先生たちに教えてもらえるので、合格しやすくなります。

③長けたマンツーマン力

一人ひとりの学習進捗に合わせた勉強がdけいます。「カウセリング」や「個別質問制度」など、しっかりと個別フォローしてくれるので、安心して学習ができます。

注目できる特徴

・短期一発合格者を輩出
・合格に必要な知識が網羅されたテキスト
・合格祝賀会を開催
・行政書士実務講座も充実
・法律専門指導校だからこそ、的中率の高いテキスト

料金(税込)168,000円
合格率公表せず
主な教材やテキストオンラインライブ配信
テキスト
レジュメ(PDF)

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.itojuku.co.jp

6位:ユーキャン|テキストのわかりやすさNo.1!大手の安心感と、低価格も魅力

出典:ユーキャン
注目できる特徴

①自分専用のスケジュール冊子がもらえる
②合格デジタルサポートパックでいつでもどこでも学習ができる
③過去10年間で2,908名が合格した実績がある

【調査コメント】

相性診断ができるので、事前に確認することで、その講座が自分に合っているかを確認することができます。初めてみて合わなかったといったことが起こらなくなるでしょう。さらに、一般教育訓練給付制度によって20%OFFで学習が進められます。リーズナブルに、最短距離で学習ができ合格を目指せます。

また、40名以上の講師のサポートで、添削・質問への対応から最適なアドバイスをしてくれます。法改正など有益情報も合わせて教えてくれるので、様々な対策ができ安心して受講できます。

料金(税込)63,000円
合格数167人
主な教材やテキストメインテキスト
動画講義
WEBテスト

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.u-can.co.jp

7位:LEC|業界最大手の資格予備校ならではの実力派人気講師が揃う

出典:LEC
注目できる特徴

①合格者交流会を開催している
②ニーズに合わせて選べる受講スタイル
③的中実績がある

【調査コメント】

徹底的に研究したカリキュラムにより、LECならではの勉強ができるため、合格率が高くなっています。学習効率を追求したアウトプット教材なども充実しています。また、235,000円(税込)の費用と、約200時間(全64回)という学習時間がかかりますが、法律の知識をじっくり着実に受け、自分で学習スケジュールを立てにくい方におすすめです。

しかし、「クレアール」もサポート体制が充実しているのに加えて、価格もLECと比べて低価格となっています。そのため、クレアールの方がおすすめできるといえるでしょう。

料金(税込)45,000円
合格率53.8%
主な教材やテキスト合格講座講義録
合格六法
復習用ドリル
Web

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.lec-jp.com/gyousei/

8位:TAC|効率的な合格を目指した、オリジナル教材

出典:TAC
注目できる特徴

・Webフォロー制度でいつでも相談できる
・通学スタイル・通信スタイルを選んで学習できる
・30年以上の受験指導ノウハウで効率良く合格レベルへ

【調査コメント】

合格するためのカリキュラムが完備されています。優秀な講師と充実した教材の相乗効果で効率的に学習を進められるでしょう。受験指導校のノウハウを活かして作成され、「見やすい」「わかりやすい」をコンセプトに作成されています。そのため、初心者でも安心して学習できます。

プロフェッショナル講師陣によるわかりやすい講義が魅力的です。「行政書士試験合格」を前提にポイントを絞った講義を行ってくれます。

料金(税込)198,000円
合格数146人
主な教材やテキストテキスト
Web
DVD

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.tac-school.co.jp

9位:東京法経学院|受験六法や法律系雑誌を出版する、法律に精通する資格予備校

出典:東京法経学院
注目できる特徴

①初学者向けの基礎力養成講座が充実
②合格直結答練によって、実力や解答力を向上できる
③新作問題を解答しながら、知識レベルアップ・応用力養成ができる

【調査コメント】

東京法経学院では、「合格証」の控えを提示することで、受講料が全額返金されます。また、業界No.1の講師による受講で、最短での合格を目指せるでしょう。合格できたら、返金されるだけでなく、割引キャンペーンなども充実しているのでお得に学べ、合格を目指せます。

また、いち早く法改正にも対応しており、重要法令や最新の重要判例などの勉強にも役立ちます。法律は改正されてしまうので、随時対応できるのは嬉しいのではないでしょうか。

料金(税込)108,400円
合格率公表されていない
主な教材やテキストDVD
テキスト
動画

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.thg.co.jp/gyou/

10位:資格の大原|講義、カリキュラム、教材全てが高クオリティ

出典:資格の大原公式HP
注目できる特徴

①大原は一発合格主義
②合格者返金制度が充実
③時間の達人シリーズで30時間のインプット講義

【調査コメント】

学習時間が取れない方でも短期間で合格を目指せます。充実した講義時間となっています。しっかり学習し知識を叩きこめるので安心して受験できます。欠席しても、勉強できるだけでなく、復習なども可能です。隙間時間に学べるので着実に勉強を進められる魅力があります。

ただ、「フォーサイト」も短期合格者向けのサービスを提供しています。さらにフォーサイトは合格率が非常に高く、フォーサイトの方がおすすめだといえるでしょう。

料金(税込)183,000円
合格数76人
主な教材やテキストテキスト
問題集
定期試験
模擬試験
Web

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.o-hara.jp

11位:キャリカレ|最安の講座料と、しっかりとしたサポート体制

出典:キャリカレ
注目できる特徴

①映像講義を受けながら移動中でも質問ができる
②講師と一緒に重要事項をマーキングしてスムーズに理解できる
③プロの講義を繰り返し学べる

【調査コメント】

六法全書がなくとも、重要な条文を集めたオリジナルの条文集で「行政法」と「民法」を中心に学習できます。したがって、理解がさらに深まるでしょう。行政書士試験を受けて万一合格できなかった場合、受講料を返金しています。知識ゼロからの学習でもノーリスクで受講できるよう取り組んでいるのは、「合格に絶対の自信」をもっているからだといえるのではないでしょうか。

不合格時の返金制度は「フォーサイト」にもあります。さらに、フォーサイトはサポート体制もしっかりしていて、フォーサイトの方がおすすめだといえるでしょう。

料金(税込)49,600円
合格率公表していない
主な教材やテキスト映像講義
オリジナルテキスト
過去問題集

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.c-c-j.com

【選び方】行政書士講座の比較ポイント

行政書士講座のおすすめランキングの紹介を終えたところで「この中からどうやって自分に合ったサービスを選ぶの?」と感じた方もいるでしょう。

そこで、ここではランキング評価を別として、3つのポイントにおいて比較を行い、自分に合った選び方を紹介していきます。

選び方①受講費用で比較して選ぶ

スクロールできます
サービス名受講費用特徴
アガルート261,800円オンライン講座は20%OFF
スタディング64,900円リーズナブルに学習できる
フォーサイト94,800円不合格時、全額返金制度
クレアール169,000円合格したらお祝い金2万円もらえる
伊藤塾168,000円合格祝賀会がある

およそ、平均13万円程度が受講費用であると考えられます。リーズナブルに受講できるサービスもあれば、合格至上主義で「不合格」だった時に受講料を返金してもらえることもあり、自分でどのようなタイプが望ましいか検討することが大切です。合格した時に、全額返金やお祝い金がもらえるのも必死に勉強して合格できたらより嬉しのではないでしょうか。

比較してみると特に「スタディング」が安く受講できるようです。64,000円という低価格で受講できるので、TOP5の中で特に安価に資格を取得したいという方はスタディングがおすすめです。

選び方②初心者でも安心なサポート体制かで比較して選ぶ

スクロールできます
サービス名サポート体制
アガルート質問サポートFacebook グループで講師に質問ができる
質疑応答が共有できる
スタディング自分だけのオリジナルノート機能
スタディングアプリで動画DL・再生
問題横断復習機能
スキルアップ割引
合格お祝い金制度
法人割引
フォーサイト合格者スタッフによる充実の質問受付
個別カウンセリング
合格するとAmazonギフトコードを進呈
クレアール単元別講義
紙教材はPDFでも配信
Eメールで何度でも質問できる
提出された答案は、添削して返却
伊藤塾講師が個別に担当する「学習継続サポート」
「体系→入門→基礎→応用→総まとめ→演習」の6段階式講義

最近では、Webで受講できる通信講座が増えてきました。場所や隙間時間に勉強ができるので、Webで対応してもらえると助かります。また、質問フォローもしっかりとしてもらえると安心して勉強を続けられるのでおすすめです。学習を続けられるよう頑張れる工夫ができている通信講座を選びましょう。

TOP5で比較してみると「伊藤塾」がおすすめだといえるでしょう。学習継続レポートから、6段階式講義まで、初心者でも挫折しないようなサポート体制が整えられています。

選び方③教材で比較して選ぶ

スクロールできます
サービス名教材
アガルート音声ダウンロード
8段階の倍速再生
講義動画「しおり機能」
スタディングテキスト
オンライン講座
フォーサイトテキスト
講義
eラーニング
クレアールWeb講座
音声学習
講義・答練資料をDL
伊藤塾オンラインライブ配信
テキスト・レジュメ(PDF)

教材は、テキストと同時に動画などでも進められることが多くあります。また、過去問を解けたり、法律を中心としている通信講座であれば、オリジナルの六法があったり、しっかりと学習が進められる工夫があったりします。自分に合う教材で選びましょう。

比較してみると「フォーサイト」がおすすめです。テキストと講義型の形式だけではなくeラーニング型の形式も備えているため、どのような形でも学習することができます。さまざまな形で学習を進めていきたいという方におすすめです。

行政書士試験の合格率や試験内容

行政書士試験は、年齢、学歴、国籍等に関係なく誰でも受験できます。毎年、11月の第2日曜日の午後1時から4時まで受験できます。

【受験科目】

  • 行政書士の業務に関し必要な法令等:出題数46題/択一式及び記述式(憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学、2022年度4月1日施工の法令)
  • 行政書士の業務に関連する一般知識等:出題数14題/択一式(政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解)

試験会場は、7月の第2週に発表され、全国どこでも受験できます。受験手数料は、10,400円です。

行政書士試験の合格率・難易度

行政書士試験の合格率・難易度は次の通りです。下の表は、令和3年の行政書士試験を受験したデータを元に作成しています。受験者に対する合格者の数を見れば、やはり難しい試験であることがわかります。

スクロールできます
受験者数合格者合格率
合計47,870 人5,353 人11.18%
男性33,133 人3,900 人11.78%
女性14,737 人1,453 人9.86%

令和3年時の行政書士試験では、上記表の結果となりました。合格者の平均得点は198点で、前年度が195点でした。

今年は、最年長の合格者が82歳の男性、最年少合格者は14歳の男女1名ずついたので、老若男女問わず受験し合格できることがわかります。

行政書士試験に受かるための勉強時間

法律学を学ぶこと自体が初めての人が、講座を受講しながら合格するためには、600時間程度の勉強時間が必要と考えられます。主に、講義の時間に200〜300時間を使い、復習する時間に400〜300時間が必要となります。

講座を受講せず、独学をする人は、800〜1,000時間の学習時間が必要と考えられています。

スクロールできます
1日当たり週当たり必要な月
5時間35時間4ヶ月
4時間28時間5ヶ月
3時間21時間6ヶ月強
2時間14時間10ヶ月

600時間程度の勉強時間でどのようなパターンが考えられるかを検討しました。1日に確保する勉強時間によって、週にできる勉強時間は限られ、また必要な月数も見えてきます。

ここまでの話を踏まえると「少し難しい」感じもしますが、実際に当サイトでは「【2023年】行政書士試験の難易度・合格率まとめ調査」にて難易度調査を実施しております。

【最新予想】2023年行政書士試験の日程と申込日

2023年(令和5年度)の行政書士の試験の日程と申込日の予想は以下の通りです。(公式発表がまだ実施されていないため、あくまで例年を参考とした予想です)

スクロールできます
行政書士試験 公示日令和5年7月3日(月)
受験願書 配布令和5年7月24日(月)~8月25日(金)
申込期間(郵送)令和5年7月24日~8月25日(金)消印有効
申込期間(Web)令和5年7月24日午前9時~8月22日(火)午後5時
試験日令和5年11月12日(日)午後1時~午後4時
合格発表令和6年1月24日(水)

また、行政書士試験は受験資格は必要ないため、申込みの流れだけ確認しておきましょう。

【申込みまでの流れ】

  1. 行政書士試験 公示日:行政書士試験の公示を受け、行政書士試験の日程、試験会場、願書が配布される場所を確認します。
  2. 受験願書 配布:受験願書を指定窓口・郵便でセンターに取り寄せます。(指定窓口:都道府県庁、県民センター、県税事務所、行政書士会など)
  3. 申込み:期間内にそれぞれの手段で申し込みます。
    ・郵送:受験願書記入・顔写真を貼り付け(顔写真/4cm×3cmのカラー写真)→受験手数料払い込み(専用振込用紙で郵便局窓口から※ATM不可)→振替払い込み受付証明書を貼り郵送
    ・Web:インターネット申込条件に同意し、受験願書・顔写真画像を登録(顔写真/4:3の割合のカラー写真)→受験手数料の払い込み(本人名義のクレジットカードもしくは、コンビニエンスストアで払い込む)→登録完了メールが届いたら申し込み完了
  4. ④受験票到着:受験票及び体温測定結果等確認票が10月中に届きます。
  5. ⑤受験:令和5年11月12日(日)午後1時~午後4時
  6. ⑥合格発表:令和6年1月24日(水)
  7. ⑦合否通知書の発送
  8. ⑧合格者へ合格証の発送(簡易書留郵便)

【FAQ】行政書士試験・通信講座について!よくある質問

行政書士はどのくらい難しいか?

2021年の行政書士試験では合格率11.78%。男女別の合格者数だと「男性3,900人」「女性1,453人」が合格しています。合格者の平均得点は198点(満点は300点)で、前年度が195点だったことから約6割取れると合格する確率が高いです。

行政書士試験に合格するためには、何時間の勉強が必要?

一般的には、最低でも600時間が必要だと言われています。600時間とは、具体的にどの程度の期間が必要か?と言いますと「一日5時間➡4カ月」「一日3時間➡6カ月ちょっと」「一日2時間➡10カ月」ほどです。2時間ペースで進める場合だと、来年の試験に向けて今(試験が終わった)タイミングで始めるべきでしょう。

次の行政書士試験はいつなのか?

次の行政書士試験は2023年11月12日に開催予定です。2022年度試験の合格発表日は2023年1月25日なので、不合格となった方は、そのタイミングから次の試験に向けてリスタートする方がほとんどです。ちなみに、受験申込み期間は7月下旬~8月下旬なので気をつけましょう。

まとめ

このページでは、数ある行政書士通信講座の中から厳選したサービスと、その選び方などを紹介しました。

当サイト(ミツカル学び)では、行政書士試験の独学での合格を目指す上での、効果的な勉強法や攻略法を考察しています。詳しくは「【2022年】行政書士試験は独学でも合格できる?」を確認してみてください。

その他にも、基礎的な知識などを伝えたので、話が混ざってしまった方もいるでしょう。なので、最後にもう一度ランキングをまとめておきます。

スクロールできます
サービス名総合評価特徴
アガルート18・合格後の同窓会がある
・業界TOPレベルの豊富な講師陣!
・長けたマンツーマン力
スタディング17・合格率が全国平均以上!
・スキマ時間に学習できる
・現役のプロ講師があなたをサポート
フォーサイト17・相性診断ができる!
・一般教育訓練給付制度が利用できる!
・40名以上の講師がサポート
クレアール16・短期合格者の勉強方法を徹底的に研究したオンライン講座
・運営コスト削減により受講料が低い
・最適な学習スタイル
ユーキャン16・全国平均の3.4倍「38.0%」の合格率
・不合格なら、受講料を全額返金!
・合格に必要な教材、メールサポートも充実!

【6位以下】

・LEC
自分に合う勉強スタイルを決めてから選ぶ方が勉強を進めやすい!
・資格の学校TAC
金額に見合う授業を受けられるけれど、安く済ませたい人には悩ましい。
・キャリカレ
金銭面で見た時に安い上に返金制度もあるけれど、それ以外のサポートもほしい。
・ユーキャン
独自の勉強スタイルが確立しているものの、サポート体制の充実がほしい。
・資格の大原
短期間での受講ができ、サポートもあるものの、安い通信講座で学びたい人には向かない。
・東京法経学院
業界No1講師による講義を受けられるけれど、サービス体制の充実が不安に感じる。

ランキング部分に戻る

また、とにかく安く学びたい初心者の方におすすめなのは「LEC」です。45,000円で学べるため、おすすめです。

まずは各公式サイトをチェックして、資料請求もしてみてください。

目次
閉じる