リセマム6周年

ボリューム満点&簡単! 疲労回復に効くお弁当≪栄養編≫

生活・健康

疲労回復に効くお弁当
  • 疲労回復に効くお弁当
 ボリューム満点&簡単! 疲労回復に効くお弁当≪レシピ編≫で紹介したお弁当の栄養面について紹介します。

(1)雑穀入りご飯(白米+雑穀ブレンド)
 ご飯に混ぜて炊飯できるブレンド雑穀が、スーパーなどで手軽に入手できるようになってきました。いろいろ試して好みのものをみつけるのも良いですね。単品で数種類求めて、ご自身で家族の体調や料理に合せてブレンドするのも楽しくお勧めです。

 雑穀は、麦や米と比して栄養価が高く、蛋白質の組成が優れていますし、微量ミネラル類も豊富に含まれています。また雑穀を食べてアレルギー症状を発症したというのも聞きません。美肌効果もある安全な食品で、米と混ぜて簡単に食べられて、身体に必要な栄養素が摂れるのも魅力です。

(2)マーボーじゃが
 豚肉は、ビタミンB1が豊富で別名疲労回復ビタミンとも言われています。ビタミンB1が不足すると、体内で糖質の分解がうまくいかずに乳酸等の疲労物質がたまります。そのため、疲れやすくなったり、集中力がなくなったり、イライラすることもあります。これは、脳や神経への大切なエネルギー源となる糖質を効率よく補えなくなるためです。

 脳は、重量が体重の2%ほどなのに、消費エネルギーは全体の20~30%も必要とします。脳の栄養はブドウ糖で、これが唯一の栄養素なのです。ブドウ糖の素となる炭水化物とともに、効率よく分解を助けるビタミンB1も大切な栄養素となります。お米を主食としている私たち日本人には、欠かせない栄養素です。

 また、ビタミンB1の吸収を高める栄養素にアリシンがあります。アリシンは、玉葱・ねぎ・にら・にんにくに含まれています。玉葱を切ったときの特有の香り成分がそれです。これらは、豚肉との相性が良いものばかりですので、自然と日々の食事の中で摂れていると思われます。

≪著者プロフィール≫
安井 まゆみ
 高齢者施設・学校・福祉施設で栄養士を務める。食生活アドバイザー、雑穀エキスパート、省エネアドバイザー。夫、大学生の息子、母、ミニチュアダックスフントと東京都在住。
《安井 まゆみ》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)