リセマム6周年

福島県教委、被災児童生徒の受入れ申し出リストを公開

教育・受験 学校・塾・予備校

福島県教育委員会
  • 福島県教育委員会
 福島県教育委員会は4月16日時点の、被災した児童生徒に対する他県・団体・個人からの受入れ申し出一覧をホームページに公開した。

 他県教育委員会、PTA連合会、学校や個人など、26の受入れ申し出内容が閲覧できる。

 たとえば、東京都教育委員会では、小・中・高校生(保護者は他の施設で受入)374名を、BumB東京スポーツ文化館などで受け入れる。小・中学校は施設所在地の区市町村教育委員会と相談、高校は面接等必要な検査実施の上で受入校を決定する。

 岡山県の学校法人 関西学園では、男子高校生30名を、同学園および学園宿舎で受け入れる。入学金・入学検定料・授業料は免除され、新入学・転入学に対応する。

 北海道の学校法人 函館ラ・サール学園では、中学生・高校生(学年上位10%に準ずる者)を同学園および学園寮で受け入れる。函館に住民票を移動することが原則で、授業料・入学料・教材費は免除、寮費個人負担(中学67,500円、高校64,000円)、学校納付金(中学3,100円、高校3,600円)が必要。

 同リストは、同教育委員会に申し出のあった情報のみを掲載しており、各都道府県における福島県児童生徒の弾力的な受入れに関する通知は除いているという。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)