リセマム6周年

東農大、小学生サイエンス教室「生きものに学ぶ、おどろきのテクノロジー」8/21

教育・受験 学校・塾・予備校

小学生サイエンス教室「生きものに学ぶ、おどろきのテクノロジー」
  • 小学生サイエンス教室「生きものに学ぶ、おどろきのテクノロジー」
  • 講師/長島孝行氏(東京農業大学農学部農学科教授)
 東京農業大学は、夏休み子供サイエンス教室「生きものに学ぶ、おどろきのテクノロジー」を8月21日に開催する。

 同教室では、「タマムシの羽は何故あんなにきれいなんだろう?」、「アメンボが池に浮きスイスイ泳げるのはなぜだろう?」など、身近な生き物たちをみて不思議に思うことや、よく知っている虫たちの不思議な能力、機能性について話すという。講師は東京農業大学農学部農学科教授の長島孝行先生。東京農大ムービーで、長島先生のインタビューを見ることができる。

 対象は小学生で、夏休みの宿題対策にも適している。参加には電話による事前申込みが必要で、先着20名となっている。

◆夏休み子供サイエンス教室「生きものに学ぶ、おどろきのテクノロジー」
日時:8月21日(日)13:30〜15:00
場所:東京農業大学 「食と森」の博物館2階セミナー室
対象:小学生
定員:20名(先着順)
持ち物:20センチ程度の定規、色鉛筆、カラーサインペン
問い合わせ:博物館事務室
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)