リセマム6周年

【中学受験・進学塾の悩み解決:SAPIX】「有名中学入試問題集」の取り組み方の説明が無く、どのように取り組んだらいいのか

教育・受験 学校・塾・予備校

中学受験・進学塾の悩み解決
  • 中学受験・進学塾の悩み解決
 「「有名中学入試問題集」について、SAPIXからは「お盆に取り組んでください」という程度の指示しかなく、取り扱いに困っています。どのように取り組んだらいいのでしょうか。」に回答します。

 毎年SAPIX6年生が取り扱いに苦労するのがこの「有名中学入試問題」です。校舎や科目によって、取り組む問題を指定してくれるかどうかや、取り組んだものを提出するかどうかなど、取り組み方の指示が異なります。そして何よりも、ただでさえ夏期講習のタイトなスケジュールの中でどのように取り組む時間を確保するか、多くのご父兄にとっての悩みの種ですね。

 まず、どの学校の問題を取り組むかにつきましては、SAPIXから「標準」「応用」といった難易度が書かれた表が配布されます。お子様の志望校とその難易度表を合わせ、優先順位をお付けください。基本的には、お子さんの志望校と同じカテゴリーに入っている学校群から選ぶのが無難ですが、塾の先生など専門の人に意見を求めることも必要です。

 次に取り組み方ですが、過去問に取り組むわけですので、普段の問題集を解くのとは違った取り組みが必要です。問題用紙や解答用紙は原寸大にコピーしておき、きちんと時間を計り、さらに解き直す時間もあらかじめ確保しておきましょう。9月以降の志望校の過去問への取り組みの練習にもなりますので、取り組んだ数をかせぐことよりも丁寧に仕上げることが大切です。解きっぱなしだと時間の浪費にしかなりませんので、気を付けたいところです。また、間違えた問題については、その理由(計算ミス、読み違い、手が出ない、...)を明らかにしておくと相談がしやすいと思います。

 解き直しの時間も含めると、どうしてもある程度の時間が必要になります。夏期講習中は宿題もあって、落ち着いて取り組むのは難しいかもしれません。ですので、SAPIXの夏期講習が休みの日に取り組むとよいでしょう。

 一点気を付けておきたいことは、最終的には合格する子であったとしても、この時期に過去問を解くと思いのほか低い点数を取ることは、よくあるということです。学力はまだまだこれからも伸びていくものですし、普段のテストとの違いにとまどいなどもあるのでしょう。本格的に過去問に取り組むのは9月以降ですので、この時期の点数にあまり一喜一憂しないようにしましょう。
《中学受験 個別指導のSS-1 講師》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)