リセマム6周年

【中学受験・進学塾の悩み解決:SAPIX】土曜志望校別特訓とSS特訓が忙しくて逆に思うように

教育・受験 学校・塾・予備校

中学受験・進学塾の悩み解決
  • 中学受験・進学塾の悩み解決
 「土曜志望校別特訓とSS特訓が忙しくて逆に思うように勉強が進んでいない気がするのですが、しかたないのでしょうか?」に回答します。

 SAPIXの過半数の校舎の6年9月の説明会では、優先順位が、「SS、平常授業、土特」だと説明されます。極端な場合、土特の宿題は時間がなければやらなくてもよいという説明をする校舎もあります。

 実際に、土特でやる内容は、問題演習と解説が中心となっていて、学力の完成期に達していないと、その効果は見込めません。時間にせかされた学習は、思考の厳密性を阻害するばかりで、テストにおいてはミスを増やし、たくさん勉強すればするほど、点数が下がっていくという悪循環のもととなります。

 ですから、余裕がないようでしたら、土特を休ませるという勇気を持つことも大切です。その空いた時間を利用して、SSの復習や平常のデイリーサピックスなどをゆったりとした気持ちで復習させることをおすすめします。
《中学受験 個別指導のSS-1 講師》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)