リセマム6周年

回答は2日以内、メンタルヘルス専門の無料メール相談を本日開始―厚労省「こころの耳」

生活・健康 健康

働く人の「こころの耳メール相談」(厚生労働省)
  • 働く人の「こころの耳メール相談」(厚生労働省)
 本年度より社団法人日本産業カウンセラー協会が運営する厚生労働省のWEBサイト「こころの耳」で18日、働く人を対象としたメール相談を開始した。相談窓口のメールアドレス soudan@kokoronomimi.jp 、土日祝日や年末年始を除く24時間対応。利用料は無料、本日より利用できる。

 本サービスは、産業カウンセラーなどメンタルヘルスに関する有資格の専門家が、個別にメールで相談に応じるもの。原則1日+半日以内に回答を得られるため、メンタルヘルスを専門に扱う既存のメール相談サービスと比べて、圧倒的に迅速なのが特徴だ。ただし緊急事態には応じておらず、あくまで職場の人間関係で悩んでいるといったメンタルヘルスに関する内容で利用できるようだ。医師ではないため、診断や治療方法の回答を得るためには利用できないほか、法律相談、税務上の問題には対応できないとしている。

 メンタルヘルスに関して専門家にメールで相談できるサービスは、勤務先の会社が提供するEAPサービス(Employee Assistance Program)のなかに含まれていることが多い。本サービスはあくまで会社でEAPサービスを利用できないか、勤務先と提携している会社へ相談するのには不安がある、相談回数限度を超えて有料になってしまったといった場合に有効活用できるだろう。
《クレメンティア・コモンズ》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)