リセマム6周年

文部科学省、東京・神奈川を含む10都県の放射性セシウム分布マップ

生活・健康 健康

東京都内の地表面から1m高さの空間線量率
  • 東京都内の地表面から1m高さの空間線量率
  • 東京都内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計
  • 神奈川県内の地表面から1m高さの空間線量率
  • 神奈川県内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計
  • 文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び東京都 及び神奈川県内における地表面から1m高さの空間線量率
  • 文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び東京都 及び神奈川県内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計
 文部科学省は10月6日、東京都と神奈川県の航空機モニタリングの測定結果について、空間線量率分布状況や放射性セシウムの蓄積量をまとめたマップをホームページに公開した。

 同省ではこれまで、福島第一原子力発電所から100〜120kmの範囲内と近隣県で、地表面への放射性物質の沈着状況を確認するため、航空機に高感度で大型の放射線検出器を搭載して地上に蓄積した放射性物質を広範囲に測定する「航空機モニタリング」を実施していた。

 9月からは、より広域で放射性物質の影響を把握するため、これまで航空機モニタリングを実施していない地域での調査を実施しており、首都圏では先日発表された埼玉県と千葉県の調査に続き、東京都と神奈川県について航空機モニタリングを行った。9月14日から18日にかけ、ヘリコプターを使い、地表面から1メートルの高さの空間線量率、および地表面への放射性セシウム(セシウム134、137)の沈着量を測定した。

 調査結果は、「1m高さの空間線量率の分布状況を示したマップ」、および「土壌表層への放射性セシウムの沈着状況を示したマップ」として、公開されている。

 また放射性物質の拡散状況の確認のため、これまでに文部科学省が実施してきた航空機モニタリングの結果と合わせ、山形、宮城、福島、栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の10都県についてのマップも同時に公開されている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)