リセマム6周年

住まいに関するお金意識…リフォーム費用「101〜300万円」46%

生活・健康

あなたが考えている住まいの計画は?
  • あなたが考えている住まいの計画は?
  • 新築総費用
  • リフォーム総費用
  • 具体的にお考えの住宅設備(複数選択・新築/リフォーム含)
  • 新築・リフォームを機にお考えの家電商品
 パナソニック電工は10月19日、「住まいに関するお金意識アンケート2011」の調査結果を発表した。

 同調査は、2011年に住まいづくりを検討・進行中、および経験した全国の男女を対象に、同社の運営する住まいと暮らしの総合サイト「すむすむ」上で6月15日から7月15日にかけアンケートを行い、2,283人(男性1,709人、女性546人、無回答28人)の有効回答を得た。

 考えている住まいの計画を尋ねた設問では、「新築」の46%に対し、「リフォーム」が53%となった。前回(2008年)と、前々回(2005年)の調査では、「新築」が6割を占めていたが、今回の調査で初めて「リフォーム」が逆転した。

 次の設問では「新築」「リフォーム」それぞれの計画実施のために必要な総費用を尋ねている。「新築」の総費用は「2,001万円〜3,000万円」という回答が27%ともっとも多く、次いで「3,001万円〜4,000万円」が24%となった。前回の調査と比較すると、「2,001万円〜3,000万円」「3,001万円〜4,000万円」の合計は61%から51%に減少し、2,000万円以下の割合が14.3%から21%に増加している。

 「リフォーム」の総費用は、「101万円〜300万円」が46%ともっとも多く、前回調査(37%)より大きく増加。次いで「301万円〜500万円」の23%は、前回と同じ値に。それ以上の金額帯では、前回よりもその割合が減少傾向にある。

 具体的に検討している住宅設備を複数選択で訊ねた設問では、「キッチン」「バス」「トイレ」「給水・給湯」「洗面化粧台」などの項目が上位を占めた。なお、「太陽光発電」は新築14%、リフォーム11%の合わせて25%が検討しており、これは前回調査の1.4%から18倍にも増加している。

 新築・リフォームを機に導入を検討している家電については、「エアコン」と「LED電球」が37%で同率トップに。以下、「食器洗い乾燥機」(29%)、「IHクッキングヒーター」(28%)、「冷蔵庫」(24%)などが上位を占めた。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)