リセマム6周年

【大学受験】受験料の割引ありのインターネット出願

教育ICT 学校・塾・予備校

中京大学 Net割出願
  • 中京大学 Net割出願
  • 名古屋外国語大学 ネット出願パッケージ割引
  • 名古屋学芸大学 ネット出願パッケージ割引
  • 帝京大学 ネット出願
 各大学の願書の配布も始まり、大学受験シーズンもいよいよ本番を迎えるこの時期、インターネット出願制度により受験料を割り引くという大学の取組が話題を呼んでいる。

 ネットを介することで大学側の事務手続きが簡略化され、人件費のコストダウンが図れるメリットがあり、その分を受験生に還元できるという。

 全国でもいち早くインターネット出願を進めてきたという愛知県の中京大学では、受験料を割り引く「Net割出願」を作年度より本格スタート。昨年は前・後期日程の合わせて約2万3,000人の出願者のうち約9割がNet割出願を利用したという。

 「Net割出願」では、前・後期のすべての入試方式において、インターネットから出願するだけで5,000円が割り引かれる。A方式、M方式などでは25,000円が20,000円に、センター試験利用方式では20,000円が15,000円となる。また、複数の入試方式を併願する「Net割出願 3受験パック」を利用した場合、願書出願1回分の検定料に相当する25,000円で、3回の受験が可能となるという。

 名古屋外国語大学と名古屋学芸大学では、「ネット出願パッケージ割引」を実施する。それぞれの大学のスタンダードな入試方式と、センター試験の得点を活用する2つの入試方式を、ネットから同時にまとめて出願することで割引が適用され、郵送の場合に比べ1万5,000円安い3万5,000円の検定料となる。

 帝京大学では、医学部、帰国生入試、社会人入試を除きすべての学部と方式でネット出願が可能。ネット出願では、志願票による出願に比べ1,000円から3,000円の割引額が適用される。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)