教育ICT用語

大学別FBユーザー数ランキング…早慶東大がTop3、明大急上昇

教育ICT その他

大学別Facebookユーザー数ランキング(2012年3月)
  • 大学別Facebookユーザー数ランキング(2012年3月)
  • 大学別Facebook普及率(2012年3月)
  • 大学生、専門学校生ユーザー数
 ベクトル・ソーシャル・マーケティングは、2012年3月21日時点の「大学別Facebookユーザー数ランキング」を発表した。

 Facebookユーザー数上位は、1位「早稲田大学」、2位「慶應義塾大学」、3位「東京大学」、4位「中央大学」、5位「大阪大学」、6位「関西学院大学」までの上位6位は、昨年10月の調査開始以降変わらず。7位「京都大学」、8位「立命館大学」、9位「上智大学」、10位「青山学院大学」、11位「筑波大学」は11月以降同じで、上位に大きな変動はない。

 増加が顕著なのは明治大学で、10月〜1月は35位〜37位であったが、3月に13位と急上昇した。何らかの組織的な取り組みがなされたのかどうかは定かではないが、前回調査時より約1,000名増加したという。

 現在67位の日本大学も、学生数が多いだけに、何らかの要因で一気に普及するなど、今後の動向が注目される。

 ここまではユーザーの実数で見てきたが、大学別のFacebook普及率はどうだろうか。もっとも普及率が高いのは、人数では21位の「国際基督教大学」。35%と実に3人に1人以上がFacebookユーザーということになる。

 これに続く「津田塾大学」「一橋大学」がいずれも20%以上。トップ3の「早稲田大学」「慶應義塾大学」「東京大学」はいずれも15%以上となっている。

 現役の大学生、専門学校生ユーザー数は337,140人で、前月比112.1%(+36,420人)となり、2011年10月の調査開始以降、初めて国内Facebookユーザー数の伸び(113.5%)を下回り、鈍化傾向となった。また、プロフィールに「13卒」を登録している学生は106,000人であることから、同社ではFacebookを就活に積極的に活用している学生は、現時点で10万人程度と言えるのではないかと分析している。
《田村麻里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)