教育ICT用語

【EDIX2013】全教室に電子黒板設置、佐賀県の先進的ICT利活用教育

教育ICT 行政

佐賀県教育委員会 教育情報化推進室室長の福田孝義氏
  • 佐賀県教育委員会 教育情報化推進室室長の福田孝義氏
  • なぜ、今、ICT利活用教育の推進か
  • 佐賀県総合計画2011に示す事業スケジュール
  • 端末を利用した英語の授業を実際に受ける佐賀県の古川康知事
  • これまでの佐賀県のおもな取組み
  • 新教育情報システム(SEI-Net)
  • SEI-Netの導入で可能になる遠隔授業
 教育においても、高度情報化社会への対応が求められている。そんな昨今、実際の教育現場においてICT(情報通信技術)への対応をいち早く進めているのが佐賀県だ。教育ITソリューションEXPO(EDIX)で5月16日、佐賀県の教育現場でICT推進を担当している県教育委員会教育情報化推進室 室長の福田孝義氏によるセミナーが開催された。テーマは、電子黒板の利活用を中心に、佐賀県が行ってきたICTの教育現場への推進に関してだ。

 「家に帰ればコンピューターがあり、インターネットも普通に使う。今の子どもたちはすでに情報化社会の扉を開いている。だからこそ、子どもたちの情報活用能力を活かすことが必要」と福田氏。また、そのためのサポートをするのが教育委員会の役割であるという。

 平成16年度から校務用PCの整備がはじまった佐賀県だが、先進的ICT利用教育推進事業として本格的に活動がはじまったのは平成23年度。同県の古川知事が知事選においてマニフェストとして掲げたこともあり、佐賀県総合計画2011において“進”重点項目に位置づけられるなど、県をあげての取組みとなっている。

 電子黒板に関しては平成24年度には全4校ある県立中学校のすべての教室に設置され、今年度の25年度には36校ある県立学校と8校ある特別支援学校のすべての教室にも導入。また、来年度に高校に入学する新入生からは1人に1台ずつタブレット端末を配備することになっている。

 なぜ今、電子黒板が求められるのか? そこには教師側と児童生徒側双方のメリットが存在する。教師側とすれば文字情報に加えて映像や音声表現が可能になることで、授業の幅が広がり、より臨場感の高い授業が可能になること。児童生徒側にとっては、授業内容の把握が容易になり、参加意欲が向上し、理解が促進される。つまり、授業方法の改善で教師の指導力向上につながるのだ。

 「部屋を暗くする必要のあったかつてプロジェクタータイプとは異なり、今の電子黒板は使いたいときだけ使えばいい。だから気軽に使え、使い始めると活用できるアイデアとシーンがどんどん増えていく。授業のうち1分でも5分でも使って、授業がわかりやすくなればいい」と福田氏。

 たとえば英語の授業では英文だけでなく画像や映像を表示し、そして音声を同時に流すことでも内容の理解度を高めることが可能になる。家庭科の調理実習ではその手順を映像で確認しながら説明し、数学では空間図形のイメージを表現、また体育では体の動きの見本となる画像や映像を表示して、その上に文字を重ねて書き込むなど利用方法は幅広いのだ。「先生の話術に頼らず、絵を見せたりしてわかりやすく授業をすすめられる」と福田氏はいう。
《工藤 貴宏》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)