教育ICT用語

バスが博物館になる「キッズミュージアムバス」運行…九州大学・西日本鉄道

教育・受験 学習

昆虫の一部分を印刷した座席カバー
  • 昆虫の一部分を印刷した座席カバー
  • 昆虫の解説も
  • ステッカーシート
  • ミュージアムバスプロジェクトをまとめた書籍
 九州大学と西日本鉄道は「キッズミュージアムバス」を期間限定で福岡市内に運行する。バス車内には同大学総合研究所博物館所蔵の昆虫の写真や解説を展示。身近に博物館の所蔵品に触れることができる。運行は9月5日まで。

 博物館の楽しさを知ってもらうために、昨年7月から今年2月まで実施した「ミュージアムバス」の内容をさらに展開。子どもたちの意見を取り入れ、昆虫や自然に対する興味を聞くなど、子どもの視点に立ったデザインを施した。

 バス車内の座席の背もたれには昆虫の写真をプリントしたカバーが付けられ、座席背面には昆虫の生態などを解説するステッカーがはられている。窓上部には樹木をモチーフにしたポスターで自然の空間を演出。子どもたちが自由に持ち帰ることができる昆虫のステッカーシートを車内に設置した。

 経路は、博多駅と野方を結ぶ区間で、平日10便、土曜日12便、日祝日10便を運行している。詳しい時刻はホームページで確認できる。

 また、関連展示として同大学総合研究博物館で「キッズミュージアムバス昆虫展」を7月6日まで開催している。バスで展示している昆虫の実物標本が見ることができる。入館は無料。

◆ミュージアムバス運行
運行期間:9月5日(木)まで
運行区間:野方~博多駅(曜日、時間帯によって異なる)
関連展示:7月6日(土)まで九州大学総合研究博物館で「キッズミュージアムバス昆虫展」を実施。入館は無料。
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top