教育ICT用語

被害続出、やけど虫の駆除方法(まとめ)

生活・健康

やけど虫
  • やけど虫
  • 刺された時の写真
  • アース「害虫駆除なんでも事典」
 日本全国で「やけど虫」の被害が報告されており、テレビやネットで話題になっている。6月~8月は特に多い時期であるため、対策についてまとめる。

 やけど虫の正式名称は、コウチュウ目ハネカクシ科アオバアリガタハネカクシ。アリのような形をしていて、成虫体長約6mm、頭部が黒色、胸部と腹部がオレンジ色、ハネが藍色、末端部が黒色という特徴的な色彩をしている有毒害虫。日本全土に分布し、水田、畑、湿った草地を好む。

 やけど虫は、卵・幼虫・蛹・成虫のいずれも「ペデリン」という有害物質を体内に持っており、人の体に止まったときに払い落としたりすると、体液が糸のように付着し、そこが数時間後に発赤し、水ぶくれになる。症状はかゆみを感じた後、やけどしたときのような痛みに変わる。目に入ると激しい痛みがあり、結膜炎、角膜炎、虹彩炎を起こす。

 6月~8月に夜間灯火に誘引されて屋内に飛来するため、夜間は窓を閉める、網戸にするなどして侵入を防ぐ。それでも気になる場合は、忌避殺虫剤を使用しよう。アース製薬では、網戸にスプレーするタイプや網戸に貼るタイプ、玄関灯・家の外壁にスプレーするタイプの殺虫剤を販売している。

 屋内に侵入してしまった場合は、不快害虫用エアゾールで直接噴霧して駆除するのがよい。もし体に止まったら叩かず、素手で触らないように、そっと取り除く。

 体液が皮膚に付いてしまった場合は、よく水で洗い、ステロイド軟膏を塗って冷やし、皮膚科を受診しよう。

 アース製薬のウェブサイトでは、ほかにも害虫駆除について紹介されている。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top