教育ICT用語

ドコモ「あんしんモード」、ファミリーブラウザ for docomoと連携

デジタル生活 モバイル

「あんしんモード」のアクセス制限ブラウザ連携機能の概要
  • 「あんしんモード」のアクセス制限ブラウザ連携機能の概要
  • 「あんしんモード」で設定した学齢別ルール設定などを引き継いでフィルタリングを適用
 NTTドコモは23日、現在提供している「あんしんモード」を拡充し、ネットスターが提供する「ファミリーブラウザ for docomo」と連携させる機能を28日より提供することを発表した。

 「あんしんモード」は、子どもでも安心してスマートフォンを利用できるよう、新規アプリのインストールやアプリの起動、通話の発着信、Wi-Fi経由からのインターネットアクセスを制限するサービス。「ファミリーブラウザ for docomo」は有害サイトへのアクセスを制限する機能を搭載したブラウザだ。

 ドコモ「あんしんモード」アプリと同時利用することで、Xi、FOMA、「docomo Wi-Fi」および、「docomo Wi-Fi」以外のWi-Fiを利用したインターネットアクセスにおいて、フィルタリングを適用し、有害サイトへのアクセスを制限できる。なお「あんしんモード」で設定した学齢ルール(小学生・中学生・高校生)などが、フィルタリングに適用される。

 利用には「あんしんモード」アプリのバージョンアップが必要。月額利用料は無料。対応機種はドコモ スマートフォンGALAXY S4(SC-04E)となる。

ドコモ、「あんしんモード」にアクセス制限ブラウザ連携機能を追加

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)