中高生対象のWeb制作コンテスト、参加チーム募集中

教育ICT インターネット

全国中学高校Webコンテスト
  • 全国中学高校Webコンテスト
  • 全国中学高校Webコンテスト
  • 第16回最優秀作品「ソーシャルメディアを知ろう!」
  • 第16回高校生の部 受賞作品「癖ってなんだろう」
  • 第16回中学生の部 受賞作品「スマートシティ~未来を担う街づくり~」
 学校インターネット教育推進協会(JAPIAS)は、中高生自身の興味のあるテーマでWebサイト作りにチャレンジする「全国中学高校Webコンテスト」を開催。参加チームを募集している。

 同コンテストは1998年に「ThinkQuest@JAPAN’98」としてスタート。チームが一つの目標に向かって、それぞれの知識や知恵をお互いに出し合い、補完し合いながら、作品制作という協同作業を進めていく、目標達成スキルを学ぶプログラムとして毎年開催され、今回で17回目を迎える。

 コンテストは、3~6人の生徒でプロジェクトチームを作り、興味のあるテーマでWeb作品を作って競い合う。各チームが作るWeb作品は、それぞれが選択したテーマにもとづいて調査や取材を行い、その結果をとりまとめて表現する。

 作品は「Web教材」または「問題解決」のいずれかの区分を選択して応募。「Web教材」は、他の生徒達がそのテーマについて学習できるようになっているもの。「問題解決」は、実際に存在する解決すべき問題を取り上げ、問題点とその解決策、解決に至るまでのプロセス等を資料やデータなどに基づき論理的に提示するものとなる。

 応募作品は、コンテンツ、文章記述と構成、表現の工夫・機能、独創性、学習への配慮などの基準に基づき審査。中学生、高校生のそれぞれの部において上位10チームがファイナリストとして、2015年2月に東京で行われるファイナリストプレゼンテーションに参加できる。

◆第17回全国中学高校Webコンテスト
参加資格:日本国内外の中等教育機関(中・高等学校など)に在籍し、2014年4月1日現在、12才~17才であること
チーム構成:生徒3~6名+コーチ1名(任意でアシスタン1名を追加可能)
応募部門:中学生の部、高校生の部
応募区分:Web教材、問題解決のいずれかを選択
使用言語:日本語と英語
参加申し込み:ホームページから
申込期間:5月30日(金)~7月16日(水)
作品提出締切:11月20日(木)
作品改良締切:2015年1月9日(金)
受賞作品発表:2015年2月下旬予定
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)