教育ICT用語

専門医に聞く子どもの歯列矯正…歯科医選びから受験・留学時の対応まで

生活・健康 健康

矯正歯科専門医の賀久浩生氏
  • 矯正歯科専門医の賀久浩生氏
  • 賀久浩生氏
  • 歯列矯正器具の種類
  • 透明なマウスピースで治療するインビザライン
 子どもの歯並びが気になる保護者は多く、噛み合わせのバランスが悪いと顎や肩に負担がかかる、集中力に影響するなどという懸念点もあるようだ。その一方で、特に受験期などは歯列矯正が子どもに与える不安も気になるところだ。

 そこで、保護者を対象に子どもの歯の矯正治療に関する質問を募集したところ、歯科医選びや費用、治療期間などについて下記のような質問が多数寄せられた。

・転勤の可能性があるが、医院が変わってもスムーズに治療は継続できるのか(小2女子の保護者)
・中学受験を予定しているが、受験直前は通院間隔をあけることができるのか(小5男子の保護者)
・部活でスポーツをしているが、歯列矯正はスポーツ時も安全か(中1男子の保護者)
・タイミングをはずし高校生になった。今からでも間に合うか、女の子なので外見も気にしている(高1女子の保護者)
・留学を予定しているが、現地で医院を見つけ、検査を受けるのは難しい。日本で定期検査を受けることはできるのか(高1男子の保護者)。

 これらの保護者の質問について、スーパースマイル国際矯正歯科の矯正歯科専門医、賀久浩生氏に聞いた。

◆歯科医院選びはコンサルテーションが大切

--まず、医院選びに関するところからお伺いします。医院選びの基準として保護者が頭に入れておくべきことを教えてください。

 矯正治療は非常に複雑で、お子様の歯の状態や専門医それぞれのバッググラウンドによって治療方法が異なります。たとえば、永久歯が生えてくる前から段階的に治療を始めるほうがよいと考える専門医もいれば、永久歯が生え揃った状態で治療を行うことがよいと考える専門医もいます。

 保護者の方々のスタンスとしては、コンサルテーション時にまず専門医の方々がどのような治療方法を勧めるのか、そしてそこにどのような理由があるのか、その治療方法と理由は子どもの成長段階や性格に合っているのかを見極めてほしいと思います。

--いつもお世話になっている歯科医院はあるが、矯正治療の場合は専門の医院を探すべきなのかを悩んでいらっしゃる方もいらっしゃいます。

 まず、前提として矯正歯科専門医は矯正治療の分野においてほかの歯科医に比べ経験を積んでいるということがあります。矯正治療を掲げている一般歯科医院の場合は、矯正専門医が医院にいる日が限定されていることもあるので、そこを保護者の方々がどう考えるかだと思います。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック