教育ICT用語

エプソン、快適操作にこだわったフルHD対応の書画カメラ新発売

教育ICT 先生

書画カメラ「ELPDC21」
  • 書画カメラ「ELPDC21」
  • エプソン
 エプソンは12月9日、プロジェクター製品対応のオプション新商品として、1/2.7型CMOSセンサー搭載、フルハイビジョン出力対応の書画カメラ「ELPDC21」を発表した。2016年2月18日より販売を開始する。

 書画カメラとは、プロジェクターと組み合わせることで書類や立体物をテレビモニターやプロジェクターなどの大画面にリアルタイムに投写する映像入力機器。別名「実物投影機」とも呼ばれ、近年教育現場で進むICT化の中でも児童・生徒の興味、関心、理解を深め、学習効果を向上させる定番の機器となっている。

 新商品「ELPDC21」は、「電源オンですぐに起動」「使いやすいリモコン・操作パネル」など従来機以上の快適操作と、1/2.7型の高感度CMOSセンサー搭載によりノイズの少ない明るく鮮明な画像を実現。最大A3サイズまで映し出すことが可能なほか、可動式アームや光学12倍、デジタル10倍ズームにより、詳細な図版や地図などの資料もくっきりと鮮明に拡大することができる。

 また、フルハイビジョン出力に対応しており、ケーブル1本でプロジェクターやデジタルテレビなどさまざまな機器に映像を出力することが可能。本体には、SDカードスロットを備え書画カメラで撮影した画像や動画を保存することもでき、付属ソフトウェア「Easy Interactive Tools Ver4.0」を使うことで映像に文字や図形を書き込むなど、より高度な活用が可能になる。

 本体のアーム部分は折りたたみができ、持ち運びに便利なソフトケースや常設に配慮したセキュリティー対応など、細部まで使いやすさにこだわった仕様となっている。エプソンでは、今後1年間で書画カメラ約1万台の販売を目指しているという。

◆書画カメラ「ELPDC21」
発売日:2016年2月18日
価格:オープン価格
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら