教育ICT用語

2016年花粉飛散まであと3週間、アレルギー薬は早めの服用を

生活・健康 その他

2016年春のスギ花粉飛散開始予測(前線図)
  • 2016年春のスギ花粉飛散開始予測(前線図)
  • 2016年スギ・ヒノキ花粉のピーク予測(福岡・高松・広島・大阪)
  • 2016年スギ・ヒノキ花粉のピーク予測(金沢・名古屋・東京・仙台)
  • 2016年春の花粉飛散数予測(前シーズン比)
  • 2016年春の花粉飛散数予測(例年比)
 日本気象協会は1月14日、全国・都道府県別の「2016年春の花粉飛散予測(第3報)」を発表した。2016年春の花粉飛散開始は、西日本と東日本で例年より早くなる予測。花粉シーズンの到来まで3週間を切り、早めの対策を呼びかけている。

 日本気象協会は2016年春の花粉飛散予測について、飛散開始時期や飛散数の前シーズン比、例年比などを発表している。スギ花粉の飛散開始は西日本、東日本で例年より早く2月上旬に九州・中国・四国・東海・関東地方から花粉シーズンが始まる予測。西日本と東日本では2月~3月の気温が平年並みか高くなることから、スギ花粉の飛散開始も早まる傾向にあるという。北日本では例年並みとなっている。

 スギ・ヒノキ花粉の飛散数ピークは各エリアともに例年並みとなる見込み。スギ花粉のピークは、福岡で2月下旬~3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋・東京で3月上旬~中旬の見込みだ。金沢・仙台は3月中旬~下旬にピークを迎える。スギ花粉のピーク終了後、各地でヒノキ花粉がピークを迎える見込みとなっている。

 花粉飛散数については、前シーズンの2015年の飛散数と比較すると、九州・四国・東海・関東甲信地方では前シーズンより多いかやや多くなる予測。中国地方では前シーズン並み、近畿・北陸・東北地方と北海道ではやや少なくなる見込みとなっている。

 また、飛散数を例年比で見ると、東北地方ではやや多く、そのほかの地域では少なくなる見込み。花粉の飛散数には2015年夏の天候が大きく関係しており、花芽が多く形成される気象条件のそろった東北地方ではやや多く、低温・日照不足・多雨と花芽が形成されにくい気象条件となった西日本、特に九州・四国・近畿地方では非常に少なく、例年の半分以下となる見込み。西日本では前シーズンより多くなるものの例年に比べると非常に少ないという予測になっている。

 花粉症対策としてマスクや眼鏡、うがいなどのほか、抗アレルギー薬を服用する方も多いだろう。一般的には抗アレルギー薬の服用は花粉が飛び始める2週間くらい前から飲み始め、シーズン中切らさず飲み続けることで効果が持続するとされている。日本気象協会でも、花粉シーズンが始める2月上旬まで3週間を切ったとして、早めの花粉対策を呼びかけている。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック