リセマム6周年

大学・短大の約半数、入試で「漢検」活用…活用校は4年連続増加

教育・受験 高校生

日本漢字能力検定
  • 日本漢字能力検定
  • 回答状況と活用校数
  • 入試種別と漢検を評価・活用する理由
  • 活用の種類別・級設定別内訳
 日本漢字能力検定協会は、大学・短期大学における「日本漢字能力検定(漢検)」資格活用状況調査の結果を発表。入学試験で漢検を評価・活用している大学・短大は1,078校中532校にのぼり、「基礎学力の証明」「学習意欲の指標」などの理由から活用している学校が多かった。

 調査は、入学試験などの検定活用状況についての実態把握と、生徒や保護者、教員への進路選択の参考や学習の励みになる情報、保有資格を積極的に活用するための情報の開示を目的として、全国の大学・短期大学1,078校を対象に実施。2015年8月1日から10月31日の調査期間で、大学722校、短期大学319校から回答を得た。

 漢検を入学試験で活用する大学・短大は4年連続で増加しており、2016年度入試では532校が活用していた。入試種別では、推薦入試で388校、AO入試で338校、一般入試で109校が導入していた。また、入試以外で活用している大学・短大は58校あった。

 漢検を評価・活用する理由では、「基礎学力の証明になる」190校がもっとも多く、その後は「学習意欲の指標になる」144校、「漢字・日本語能力は入学後に必要」73校、「学習習慣の指標になる」71校が続いた。

 活用の種類をみると、344校で「考慮・参考」、113校で「出願要件」、110校で「点数加算(点数化)」、36校で「特待生条件・入学時経済的援助」などの形で活用されていた。対象となる級を設定していない場合も多く、「考慮・参考」344校のうち253校は級設定をしていなかった。設定されている場合は、2級や準2級としていることが多かった。

 なお、各学校における詳細な要件については、必ず大学・短大の募集要項・学校案内・シラバスなどで確認すること。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)