教育ICT用語

近畿大が在学生・卒業生にコンビニで各種証明書発行、国内初

教育ICT 大学生

提供サービス概要
  • 提供サービス概要
  • 近畿大学
 近畿大学は、西日本電信電話(NTT西日本)の「証明書発行サービス」の導入を決定、4月1日から在学生・卒業生に対し、全国のコンビニエンスストアで各種証明書を発行するサービスを提供する。コンビニエンスストアで大学の各種証明書を発行するのは、近畿大学が日本で初という。

 これまで卒業証明書などの各種証明書は、大学窓口やキャンパス内の証明書発行機、郵送による申請で発行されているが、特に遠方の卒業生の郵送による証明書取得は、郵便定額小為替や本人確認書類の準備など、時間も手間もかかり大きな負担となっていた。

 全国のコンビニエンスストアで証明書の取得が可能になることで、卒業生の証明書取得の負担が軽減され、これまでの郵送の申請であれば手元に届くまで1週間程度かかっていたものが、最短で即日発行が可能になる。また在学生も、就職活動中必要なときに全国どこでも証明書を入手できるようになる。

 利用者はインターネットで専用サイトにアクセスして必要な証明書の発行を申請、印刷予約番号を持ってコンビニエンスストアに行き、店内のマルチコピー機に予約番号を入力すれば、証明書を発行・取得することができる。

 手数料は、1通1,000円で、別途印刷費として1枚につき60円(税込)かかる。支払いは「オンラインカード決済」、または現金などによる「コンビニ窓口支払い」を、オンラインで取得申請する際に選択する。

 取得できる証明書は、在学証明書、卒業(見込)証明書、修了(見込)証明書、成績証明書、健康診断証明書。マルチコピー機が設置されている「セブンイレブン」「サークルK」「サンクス」「ファミリーマート」「ローソン」の各コンビニエンスストアで発行できる。
《塩田純子》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)